宇島鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート九州  減速進行

 地区:福岡県豊前市 区間:宇島〜耶馬渓17km 軌間:762mm単線 動力:蒸気

山国川を挟んで対峙する福岡県の宇島町(現豊前市)と大分県の中津市。共に山国川沿いの耶馬渓地区、あるいは天領日田との経済的結びつきを深めるべく、それぞれが競って鉄道建設を計画した。中津から延びる耶馬渓鉄道に対し、一歩出遅れた宇島鉄道は耶馬渓地区手前までの開業にとどまり、この時点で両社の明暗が分かれた。福岡県内の終点を強引に耶馬渓と名付け、木材輸送などに活路を求めるが経営は好転せず、バスへの転換をもって鉄道の歴史に幕を下ろした。


 略史
大正 3 (1914) - 1/ 21 宇島鉄道 開業
昭和 11 (1936) - 8/ 1    廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと宇島鉄道を表示します


 廃線跡現況
A 日豊本線との接続駅、宇島(A参照)の跡地は現在駐車場に変わっている。木材輸送も手掛けていたため、各設備と共に土場も大きな面積を占めていたものと考えられる。

駅の東は一車線の舗装路(B参照)に転換され、少し右に曲がると県道113号線に突き当たる。この先は市街地の中に飲み込まれ、線路跡を直接トレースすることは難しい。
17年5月
八屋中学校内で南に向きを変え、更に二車線道路を横切ると、やや西に向きを振って県道32号線に合流する。ここからの県道は鉄道跡を拡幅転用したと思われるが、地元で確実な情報を得ることはできなかった。 B
17年5月
C 道路上を進み右手に高校の跡地が広がる地点(C参照)で、鉄道側は徐々に県道から東に離れ、そのまま住宅の裏を抜けて千束中学校に飛び込む。

学校西側の舗装路を南下すると、県道に連絡する道路が右に分岐する。この道が千束の駅前通りに相当し、左手のグランド付近に駅構内が広がっていたと考えられる。
17年5月
駅の先は地元の生活道(D参照)に転換されるものの、すぐ五差路に突きあたって終了してしまう。

その後は痕跡の消えた住宅や農地内を通り、国道10号線を横切る。この交差部南側の駐車場付近に塔田が設けられていた。
D
17年5月
E 更に左カーブで数軒の民家を抜けると当時の路盤が姿を見せ、東九州道への進入路となる県道32号線にぶつかる。

この道路両脇に石積み橋台を二箇所(E・F参照)見つけることができる。大正初期に造られた割に、きれいな状態を保っているのは何とも不思議な気がする。
17年5月
ふたつの橋を越えると築堤と農地が交互に現われ、そのまま岩岳川にぶつかる。ここにも左岸の橋台(G参照)を確認できるが、雑草に覆われているため目視で何とか見える程度で、写真に写すとほぼ判別不能となってしまう。 F
17年5月
G ここからは圃場整備された農地の中を進み、しばらくすると民家等に利用された黒土に到着する。

駅の東も住宅や田圃に細かく分断されるが、やがて農地の中に路盤(H参照)の一部が姿を見せる。途中の水路には、コンクリート擁壁に覆われつつも、ほんの少しだけ顔を出した石積み橋台(I参照)が残されている。
17年5月

H I
17年5月 17年5月

更に農地と放置された路盤が繰り返し現われ、その中に二箇所の橋梁跡(J・K参照)を見つけることができる。

広瀬橋(L参照)は倉庫等に利用され、駅の東方で佐井川に突き当たる。
J
17年5月

K L
17年5月 17年5月

M 川に痕跡はないが、東側を平行して流れる小さな水路に、石積みの遺構(M参照)を発見する。幅も広く、上部が削られているような感じで、暗渠跡とも受け取れる。ただし宇島鉄道のルートには一致するものの、地元での確認が取れず、鉄道の施設と断定するにはやや不安も残る。
17年5月
再び農地に飲み込まれた路線は、右カーブを描いて南に向きを変える。この一画は圃場整備が終了し、ルートを直接たどることは難しい。

しばらくして県道226号線にぶつかると、そのまま鶏卵店に入り込む。この一画が安雲(N参照)の跡地で、店の北東角に駅名標を模した案内板が立てられている。
N
17年5月
O 駅の先で一旦農地内を抜け、更に県道225号線との交差後は一車線の生活道(O参照)として、線路跡が姿を現わす。

ただその道も、すぐT字交差点に突き当たって終了してしまう。光林寺はこの北側に設けられていたはずだが、地形図には記載が無く、地元で農地になっていると聞いたものの、場所の特定にまでは至らなかった。
17年5月
南南東に向かう路線は、耕地整理の終わった田圃の中で黒川を越え、ゆっくり左カーブを描くと、ため池を分断するように路盤(P参照)が延びる。地形の関係からなのか、通常なら避ける池の真ん中に線路が敷設され、珍しい光景を見せている。

途中には両側の池を結ぶ暗渠(Q参照)が一箇所造られ、水位はいつも同じレベルに保たれている。ただこの暗渠、雑草に隠されているため、渇水期以外は地元で教えてもらわないと発見は難しい。
P
17年5月
Q 池の先で一車線の舗装路と鋭角に交差したのち、再び農地に飲み込まれ、今度は鉄道用地に沿ったと思われる境界線も、一部に認められる。

次駅の友枝は材木店付近といわれているが、残念ながら現地で情報が集まらず、駅位置の確認は取れなかった。
駅の東方で県道109号線と交差し、続いて二車線道路に合流する。この道は鉄道跡を拡幅転用して建設されたため、痕跡は全て消し去られたようだ。
171年5月
左右にカーブを繰り返す道路上を進むと、やがて国道10号線豊前バイパスをアンダーパスする。鉄道側はこの手前で道路を北にはずれ、バイパスとの交差部付近に設けられた下唐原に到着する。ここは道路建設の影響もあり、やはり駅跡の特定は不可能だった。

駅の先で二車線道路と交差し、徐々に南へと向きを変える。線路跡はたどれないが、墓地への進入路脇に橋台を二箇所(R・S参照)認めることができる。対ではなく背中合わせの配置のため、橋梁が二箇所連続していたと考えられ、地形図ではどちらかが跨道橋であることを示している。
R
17年5月
S その後、墓地の東を抜け、丘陵の裾を南北に走る一車線道路に近づき、やがて合流する。丘陵内の竹藪に、路盤跡らしき段差も一部認められるものの、合流点を探し出すことは出来なかった。
17年5月
更に国道10号線をくぐり返したのち、県道110号線を越えると中唐原(T参照)が見えてくる。駅跡にはかなり年季の入った倉庫が建ち、宇島鉄道研究会の手による駅名標も設置されている。

なお地形図には上唐原と駅名が記され、駅の移動を含めた変遷があったと考えられる。
T
17年5月
U 駅の南で一旦東九州道に飲み込まれるが、すぐに分離して再び南へと向かい始める。上唐原は探し出す糸口さえ見つからず、高速道直下に設けられていたと推測するにとどめた。

対照的なのが次の百留(U参照)で、駅名標を含めた二つの案内表示が並び、その跡地を通行者全員に教えてくれる。
17年5月
そのまま道路上を進むと突然小さな左カーブを描き、山国川の左岸を走る県道16号線に合流する。鉄道側はカーブ手前から直進し、県道に平行しつつ西側の山裾を進む。農地奥のあぜ道(V参照)が線路跡に一致すると思われるものの、獣害対策の柵が張り巡らされ、跡地を直接たどるには少し苦労させられる。

その後、数軒の民家脇を通り過ぎた地点で県道に合流する。当時は道路の西側を併走していたが、既に大半の用地は県道の拡幅に利用されたと考えられる。
V
17年5月
W 妙円寺の参道南方に位置したと言われる原井を過ぎると、再び山国川の左岸に接近する。鮎返が設けられた地区だが、鮎を返す程の滝があるわけでもなく、川の流れは穏やかだ。

南進する県道はそのまま山国川を越えるが、鉄道はその手前で西に分離し、終点耶馬渓(W参照)に到着する。地元の努力により今も駅舎が名残をとどめ、片隅にはホーム跡も顔を出している。
17年5月

 参考地形図
1/50000  中津 [S2修正]
1/25000  中津 [該当無]  土佐井 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2017-6/25  無断転載禁止 Copyright (C) 2017 pyoco3 All Rights Reserved.