熊本電気鉄道を訪ねて


廃止鉄道ノート九州・沖縄  減速進行

 地区:熊本県熊本市 廃止区間:上熊本〜藤崎宮(2.1km)/御代志〜菊池(13.5km) 軌間:914→1067mm 動力:蒸気→電気

今でこそ福岡市の後塵を拝すが、古くは九州の中心として繁栄した熊本市。その熊本と菊池を結ぶ鉄道が明治の末期に開業した。以来、改軌、動力変更、ルート変更、駅改廃、社名変更など幾多の変遷を経たが、その複雑さは希な部類に入るといってもいい。現在は御代志までに縮小した路線で、熊本の郊外電車として運行している。開業年度が古く、併用軌道であった熊本市街地ではその痕跡を見つけることは不可能に近い。


 略史

明治 44 (1911) - 10/ 1 菊池軌道 開業
大正 14 (1925) - 3/ 23 菊池電気軌道に改称
昭和 17 (1942) - 4/ 18 菊池電気鉄道に改称
23 (1948) - 1/ 8 熊本電気鉄道に改称
29 (1954) - 5/ 30      上熊本〜藤崎宮前 当日を以て廃止
61 (1986) - 2/ 15      御代志〜菊池 当日を以て廃止

 路線図





 廃線跡現況

A 日田街道とも呼ばれる国道387号線沿いに北上する熊本電気鉄道。今は御代志が終点だが、以前は北に向って更に線路が延びており、当時の路盤が放置されたままでその姿を現している(A参照)

なお九州各地には日田街道と呼ばれる道が何本も存在し、昔は天領日田が交通の要所だったことをうかがわせる。
94年1月
廃線跡は国道の東側を並行して進み、大池(B参照)に到着する。開業当初は国道の西側に位置したが、急カーブ緩和のための線路の付替えが実施され、同時に駅位置も変更された。

国道を西に入ると、付替え前の路盤跡が地元の生活道として利用されている。
B
94年1月
C この先は国道に隣接して延びていたため、跡地の大半は国道の拡幅用地として取込まれてしまった。

次の辻久保(C参照)もその中に含まれ、東側の歩道付近が線路跡と思われる。
また、駅の南側には同社のバス車庫も建設されている。
94年1月
廃線跡は一部を国道に取込まれつつ、しばらくは共に北北東へと進むが、やがて袂を分ち東に向け分離する。

ここからは急なカーブが連続する地点で、早くから線形の改良を目的に別線(D参照)が準備され、路盤もほぼ完成していたようだが結局使用されることはなかった。
未成となった新ルートの北半分は農地等に取り込まれ何も見い出せないが、南側は空き地や作業道として国道脇につながっていく。ただ勾配途中は堀割で進んでいたはずだが、既に埋め戻されたのか全体に平坦地に戻っている。
D
16年7月
E その後、合志川の南で日田街道と交差することになるが、その踏切の南側にあったのが高江(E参照)

開業当初は交換駅でもあり、貨物ホームもあったため大きな構内を有していたが、晩年はその敷地を持て余していたことだろう。
01年1月
歩行者専用橋に架け替えられた合志川橋梁を渡ると、泗水孔子公園へと変った泗水(F参照)に着く。

隣接するショッピングセンターに設けられていた駅舎部には、やや場違いな駅名表示がいまだに健在。また公園内には当時の車両も残され共に駅跡であることを示しているが、残念ながら鉄道の雰囲気はあまり感じられない。
F
94年1月
G 駅を出て二度ほど右にカーブを描くと、再び国道と併走をはじめる。
今度は道路が東側、鉄道が西側とその位置を変え、次の富の原まで続く。やはりここでも跡地の一部は国道に取込まれている。

やがて国道と別れ大きく迂回することになるが、その路盤は放置され、一部は農道の状態を呈している。ただ踏切跡(G参照)にレールが存在することによって、そこが鉄道の跡地であることを誰もが確認出来る。
94年1月
この先は急峻な断層が行く手を阻み、熊本電気鉄道はその手前で方向を東に変えると一気に広瀬に向って駆け下っていった。遠回りになるのを承知で国道から離れ大きく迂回するのも、この地形に起因する。
下り勾配を終えると再々度国道に肩を並べ、その路線跡の一部は道路に吸収される。

菊池川左岸地区に設けられた広瀬(H参照)はバス停となり、道路脇にその跡地がかすかに残っている。
H
94年1月
I 一級河川の菊池川を越えると北北東への直線路となるが、ここは廃止後しばらくレールとバラストが取除かれた状態で放置され、歩道の代用でもあった。
途中に設置されていた深川(I参照)には、一時期ホームのなれの果てが姿を見せていたが、その後正規の歩道としてきれいに舗装され、痕跡は消え去ってしまった。今はバス停がその目印となるのみ。

北に向かう路線は、菊池市街地へ入る手前で国道から左に別れる(J参照)。跡地の一部は放置され、また一部は歩行者道路となり地元で利用されている。その中に小さな橋梁跡(K参照)を見つけることもできる。
94年1月

J K
94年1月 16年7月

開業時には隈府と称した終点菊池(L参照)は、貨物ホームも備えた大きな構内を有し、バスターミナルも隣接していた。その跡地は特に有効活用されるでもなく、お茶を濁すように駐車場として利用されているのは何とも寂しい限りだ。

ここから西に向って山鹿への路線延長も計画され建設にも着手されていたようだが、詳しい資料を見つけることが出来ず、残念ながらこちらの調査は熊本市街地と共に今後の課題となっている。
L
94年1月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  菊池  熊本 [T10鉄補/S26応修]  玉名 [S26応修]
1/25000  菊池 [S52修正]  肥後大津 [S52修正]  熊本 [T15測図]  植木 [S6部修/S32三修]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2016-8/24更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2010 pyoco3 All Rights Reserved.