東野鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート関東  減速進行

 地区:栃木県大田原市 区間:西那須野〜那須小川25.2km 軌間:1067mm全線単線 動力:蒸気→内燃

地方都市で見かける官設鉄道と市街中心部を結ぶ、よくある中小鉄道の形態を取るが、実際には黒羽の奥地に広がる山林から杉、檜などの木材を搬出することが大きな目的だった。その後他社の計画との競争から那須小川まで線路を延ばしたが、那珂川を逆行するルートとなったため収支はともなわず早々に廃止されている。残された路線もやがて時代の波に飲み込まれ、その幕を下ろした。
現在は東野交通と名を変え、バス事業を中心として発展を続けている。


 略史

大正 7 (1918)- 4/ 東野鉄道 開業
昭和 14 (1939)- 6/ 1     黒羽〜那須小川 廃止
43 (1968)- 12/ 15     全線 廃止

 路線図


 廃線跡現況

A 東北本線の東側に並んでいた起点の西那須野(A参照)。新幹線の開業で周辺は大きく変貌し、ここから北東方向に出発していた東野鉄道は、その跡地が「ぽっぽ通」と命名された遊歩道として整備されている。

国道400号線の下をくぐると90度以上の深い右カーブで南東に向きを変える。
01年6月
遊歩道上を道なりに進むと乃木神社の参道に面して乃木神社前、続いて大田原高校の正門近くに大高前(B参照)が設けられ、共に駅を模したモニュメントがその跡地を示している。特に後者の待合室は当時の原型にかなり近づけて再現されている。

その先、県道53号線との交差点で遊歩道は終了し、路盤跡は自動車通行も可能な二車線の舗装路に転換されている。
B
15年8月
C 道路となった東野鉄道は南東方向に直線で進むと、主要駅であった大田原(C参照)に到着する。
跡地には大型ショッピングセンターが建つが、その運営者は数度変更され現在はテナント募集中の状態。建物は今も東野交通所有のようだ。
01年6月
駅を出て再び道路上を進むと、左に少し曲がったのち突如行く手を遮られる。ほんの数メートルの間だが龍泉寺の敷地に取り込まれている。廃線跡は更に数軒の民家の間を抜けるように空き地として残り、その先には神社下トンネルが掘削されていた。
以前は空き地の草刈りも定期的に実施されていたようだが、最近はそれも中止されたためか藪地と化し、ポータルを確認することはかなり困難となってしまった。

トンネルを出るとすぐに蛇尾川と交差、今も橋台(D参照)や橋脚の基礎が残る。
D
01年6月
E 川を渡ると再び二車線の舗装路として再利用され、北東方向に延びていく。

道路が右カーブでほぼ東に向く地点に設けられていたのが中田原(E参照)。信号交差点の西側に位置していたが、詳細な場所の特定は困難。
15年8月
鉄道跡を利用した道路は機械工場の北側を過ぎると右にカーブし、南東に向きを変える。
その後ライスラインと呼ばれる国道461号線の旧道に並ぶと、今度は生活道(F参照)として地元に利用されている。
F
01年6月
G 生活道はJAなすの金丸支所に突き当るが、ここに金丸原(G参照)が設けられていた。現在JAとしての業務は閉鎖されATMのみ稼働しているが、当時から東北角にあった農業倉庫等の関連施設が建並び、今でも駅跡の雰囲気がかすかに残る。なお飛行場が隣接していた時期には一日300トンの貨物取扱量を誇った。

駅の東方は未舗装の農道となり左カーブでやや北に向きを変えると、その後は再び二車線の道路に転用される。
01年6月
白旗城址前は直売所のある交差点の東付近と考えられるが、現在は区画整理により駅に接していた南北の道路も移動したため、正確な位置の特定は不可能となってしまった。

道路上を東に進むと軽い掘割りの中で下り勾配となり、更に右カーブで徐々に進路を変える。と同時に、右手に東野バスの待機場、機関区跡のホームセンターと続き、対面のスーパー等を含め黒羽(H参照)は大きな構内を有する主要駅があったことが偲ばれる。
H
01年6月
I ただ貨物ホームに直結していた農業倉庫、駅の象徴で鉄道廃止後も場所を変えて育成されたプラタナスの木は既に無く、また構内の南半分も現在工事中で今後もその姿を変えていくもの予想される。

南に向きを変えた東野鉄道、ここから先は昭和前半に廃止された一次廃線対象区間となる。
駅を出た直後は空き地や宅地に転用された箇所も多いが、その先を横切る湯坂川にはいまだに橋台・橋脚(I参照)が残る。なぜか川底に降りる階段もついているのが面白い。更に続いて小さな橋梁跡を二箇所(J・K参照)見つけることが出来る。
01年6月

J K
15年8月 15年8月

鉄道の跡地は再び農地や空き地となり、国道461号線と交差したのちは一車線の舗装路(L参照)に転換され南へと続く。

しばらくすると一車線から二車線プラス歩道付きの快適な道路に変わり、道路脇の観光案内標識からは線路道と記載された名称が読みとれる。
L
01年6月
M ほぼ直線で続く道路上に位置した湯津上(M参照)は農機具店の裏側にあたり、以前は北側にホーム跡らしき構造物が残っていたが、道路の拡幅によって現在はそれも消滅している。

次駅の笠石は設置場所の確認が取れない。県道343号線の一本南を走る道路との交差点付近と推測するが、土地の境界線を含めて痕跡は何も見つけることが出来ない。周囲に民家が少なく聞き取り調査が出来なかったのも痛手となった。
01年6月
ここからは一車線の舗装路として更に南に向う。国道294号線にぶつかるとこれをアンダーパスし、その先はなだらかな下り勾配、なだらかな右カーブで掘割り内を進み、いかにも鉄道らしい雰囲気が漂う。

続いて国道400号線と交差し、JA施設前の佐良土(N参照)に滑り込む。東への道が当時の駅前道路に相当し、西側は鉄道廃止後に新たに建設されたもの。交差点南にはホーム跡が残り、北側にも給水に使用されたと思われる井戸跡を確認できる。
N
15年8月
O 駅を出ると短い橋梁が二箇所連続していた。北側は小川を越えるもので今も橋台(O参照)が残り、その上には塩原ダム佐良土警報局のサイレンが設けられている。

南側は跨道橋も兼ね中間に橋脚が一本建てられていたが、こちらは前後の築堤と共に全てきれいに撤去されている。
01年6月
その先で当地の主要河川、那珂川へ注ぎ込む箒川に突き当たる。右岸には当時の橋台(P参照)が姿を見せ、橋脚の基礎部分も水の中から顔をのぞかせている。現在西側に国道の道路橋を建設中で、右岸側は東野鉄道の跡地がそのルートにあてられる。

県道285号線と交差後は再び二車線の道路に転換され、ほぼ一直線に続いていく。
P
15年8月
Q 道路上を南下すると小川中学校の手前で東に進路を変えるが、線路跡はそのままあぜ道となり真っ直ぐ校内へ消える。

終点那須小川(Q参照)の跡地は廃止後無償で市に譲渡され、今は中学校の敷地に組込まれている。正門前の道路が駅前通りに相当し、道沿いには東野鉄道を偲ぶモニュメントが設置され、また校庭には貨物ホーム上あったプラタナスの木が今も二本残されている。
01年6月

 参考資料


 参考地形図

1/50000 大田原 [S4修正] 塩原 [S33要修] 喜連川 [S4二修]
1/25000 西那須野 [該当無] 大田原 [S23資修] 佐久山 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2015-9/25  無断転載禁止 Copyright (C) 2003 pyoco3 All Rights Reserved.