塩原電車を訪ねて

廃止鉄道ノート関東  減速進行

 地区:栃木県那須塩原市 区間:西那須野〜塩原口14.6km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→電気

かつての西那須野駅は、ターミナルとして三路線の鉄道や軌道が接続していた。その一つが塩原電車で、塩原温泉への行楽客輸送を大きな目的の一つとしていた。しかし温泉地といえば山沿いの険しい場所が多く、当線もその地形に阻まれ、目的地のはるか手前迄しか線路を延ばすことができなかった。これが原因となったのか最後まで収支は厳しく、不況とバスの攻勢によりあっさり終焉を迎えてしまった。


 略史
明治 45 (1912) - 7/ 10 塩原軌道 開業
大正 10 (1921) - 9/ 23 塩原電車に改称
昭和 7 (1932) - 1/ 19    休止
11 (1936) - 1/ 14    廃止

 路線図




 廃線跡現況
A 始発の西那須野(写真A)は、東北本線駅前に設けられていた。車庫や転車台等を備え、大きな構内を必要としたはずだが、当時の俯瞰図を見ると駅前広場を間借りしているようにも見える。現在は新幹線の開業に伴う整備が進み、正確な位置関係の把握は難しい。

駅を出た後すぐ左折し、県道317号線上を北西に向う。併用軌道として北端を進んでいたが、二車線に拡幅された道路にその面影はない。
17年9月
地形図に記載がなく場所を特定できない三島烏森公園を過ぎると、市道に変わった道路は緩やかなS字カーブを描く。ここに設けられていたのが三島神社前(写真B)

西側を通っていた開業時の旧線は民家等に飲み込まれ、ルートを直接辿ることは出来ない。旧駅にそれらしき空き地もあるが、駅跡である確証は得られなかった。
B
17年9月
C 参考資料1には、次の稲荷山付近から製函工場への引込み線が認可されたと記されている。ただ地形図に記載はなく、その存在は謎のままだ。

さらに国道400号線へと名称の変わった道路上に、御嶽山道千本松(写真C)と続く。
17年9月
その後、国道が右に曲がると、軌道は直進側の市道上につながり、そのまま開業時の終点関谷(写真D)に到着する。

二階建の旅館が駅跡と言われているが、こちらは延伸時に移転された新駅側で、終端駅であった旧駅は道を挟んだ対面に設けられていた。
D
17年9月
E この先は山岳地の大きな高低差に挑むため、道路上から外れ、専用軌道で南側を迂回する。一旦北西に向かう路線は民家や空き地内を抜け、さらに左急カーブで関谷川を越えた後は藪地の中に入り込んでしまう。

カーブ終了地点で築堤らしき盛土と共に、小さな暗渠跡(写真E)を見つける。かなり崩れかけているものの、水の流れは確保されている。
18年9月
ここからは山肌に沿って当時の路盤(写真F)が続き、その上には植林された樹木が育っている。しかし痩せた木が目立ち、素人目に見ても間伐が必要かと心配してしまう。

植林地の一画を越えると路面は徐々に荒れ始め、二度目の藪地に行く手を阻まれる。
F
18年9月
G 藪の先は再び植林された路盤が現れ、続いて作業道のような荒れた道に変わる。さらに進むと分譲別荘地の塩原リッチランドに到達し、路面状態は改善される。未舗装ながら域内の通路(写真G)として利用されているようだ。

ただし道路脇に所有者を示す表示はあるものの、大半の区画は荒れ放題で、ごく一部に建つ別荘も利用されている気配はない。まさにバブル崩落を象徴するような景観を呈している。
17年9月
南に進んでいた未舗装路は右急カーブで一気に反転し、その先は舗装路(写真H)へと変わる。この通りが分譲地のメインストリートのようだ。

緩やかな上り坂を進むと、左手にリッチランドの管理棟が見えてくる。だが、ここも閉鎖されたままで、ひと気はない。
H
17年9月
I 道路はそのまま急勾配で国道400号線に駆け上がるが、鉄道側は管理棟の裏を抜け、再び植林された路盤が姿を見せる。一部には路面むき出しの区間(写真I)も混在する。

位置的には国道の南脇となるが、両者の高度にはかなりの差があるため、大きく仰ぎ見ながらの並走となる。
18年9月
木立の間を進むと、すぐ入勝川(写真J)にぶつかる。川岸に大きな石が転がるが、橋台との関連を調べる術がないのは残念なところ。

川のやや先で、またもや行く手に藪地が立ちはばかる。しかしその距離は短く、すぐに当時の築堤へとつながる。ここは原形を保ったままの盛土に直接植林され、路面上や左右の法面から大木が伸びるといった、珍しい光景を見せてくれる。
J
18年9月
K 植林地を過ぎると路盤はけもの道状に変わり、さらにコンクリートの大きな構造物が邪魔をする。ワイヤーを支えるアンカーらしく、南側の発電所関連施設と思われる。

これを越すと、入勝橋バス停が設けられたT字路(写真K)に出る。一時期、終点として新塩原が設けられていたようだが、痕跡は見つけられず、おおよその位置さえ掴めなかった。
17年9月
塩原電車はそのまま国道脇を併走し、やがて合流する。

道路は左右へのカーブを数度繰り返したのち、やや長めの直線路に入るが、ここで鉄道側は右手に別れて専用軌道に戻る。道路側の勾配を避ける目的と考えられ、線路跡の一部は未舗装路(写真L)として残されている。
L
17年9月
M 鉄道と道路の高さが同一となった地点で両者は再合流し、最後に大きく屈曲すると、終点の塩原口(写真M)に到着する。駅跡は現在、回顧園地の駐車場として利用されている。

目的とした塩原温泉はまだまだ遠く、駐車場入口には7q先と記された案内看板もある。乗客はここから馬車等に乗換えて先に進んだが、やはり不便であったことは否めず、バスとの競争に敗北する要因となった。
17年9月
本来はここで終了となるが、当路線には一つ疑問が残されている。地形図の昭和2年版と4年版を比較し、終点及び手前の路線が異なる点だ。後者は前述のとおりだが、前者では国道上をそのまま進み、急勾配の手前で西脇に外れた地点を塩原口(写真N)としている。

実際にルート変更があったのか、あったとすれば、たかだか300m程の延長にどのような意味があったのか。この件に言及した資料は見つからず、残念ながら疑問点の解明は先送りとなってしまった。
N
17年9月

 参考資料
  1. 鉄道ビクトリアル通巻539号/失われた鉄道・軌道を訪ねて/塩原電車/山崎寛 著
  2. 塩原温泉ストーリー/那須塩原市那須野が原博物館

 参考地形図
1/50000  塩原 [昭2鉄補/昭4修正]
1/25000  西那須野 [該当無]  関谷 [該当無]

 
 お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2018-11/4  無断転載禁止 Copyright (C) 2018 pyoco3 All Rights Reserved.