篠山鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート関西  減速進行

 地区:兵庫県篠山市 区間:弁天〜篠山町(4.9km) 軌間:1067mm単線 動力:蒸気・内燃

地方都市によくあるパターンといえばそれまでだが、ここ丹波篠山も福知山線が市街地から遠く離れて建設されたため、両者を接続する目的で篠山軽便鉄道が開業した。ただ距離が短く業績は低迷し、その打開策として福住までの延伸が計画され、第一段階として篠山町駅の移設を完了させた。その後しばらくは動きがなかったものの、昭和に入ると競合する篠山線の計画が浮上し、その開通を待ってこの小さな鉄道は廃止された。


 略史

大正 4 (1915)- 9/ 12 篠山軽便鉄道 開業
10 (1921)- 2/ 15    〃   篠山町駅移設
14 (1925)- 11/ 26 篠山鉄道に改称
昭和 18 (1943)- 6/ 28       建設中の篠山線に乗り入れ
19 (1944)- 3/ 21     廃止

 路線図


 廃線跡現況

A この鉄道の始発駅弁天(A参照)は、接続する福知山線の篠山口駅に隣接していた。ホーム跡が残っているが、その後国鉄もこの場所を構内の一部として使用しているため、篠山鉄道時代のものかは断定できない。

また構内で乗り換え可能な設備を有しながら、両者の駅名が異なるのは全国的にみても非常に珍しく、その経緯には興味を引かれる。
15年3月
北に向かってしばらく福知山線と併走したのち、弁天踏切の手前から東に別れる。ここからの廃線跡は舗装路(B参照)に転換され、地元の生活道として利用されている。途中で用水路をまたぐが、橋梁等の痕跡は見つけられない。

道路は右カーブで北東に向きを変えるとしばらく直線が続き、舞鶴若狭道に突き当たって終了する。高架下にはアンダーパス用の開口部が設けられているものの、実際には使用されず空地となっている。
B
15年3月
C 高速道をくぐるとやや北に進路を振り、今度は歩行者専用道(C参照)として延びていく。

道路上を進むと一旦畑に突き当たるが、路線はそのまま直線で続き県道299号線と斜めに交差する。この県道は国鉄篠山線の跡地を利用して建設されたもので、篠山鉄道の廃止を決定づけた因縁の交差地点でもある。なお篠山線の建設期間中には、篠山鉄道がこの工事線に乗入れて篠山口駅に向かっていたようだ。
15年3月
県道を越えるとその路盤は放置された空き地(D参照)として姿を見せる。雑木が茂るわけでもなく、草刈等の日常の手入れはされているようだ。空き地から農地あるいは一部が宅地へと変化し、二車線の市道とも交差するが、当時から東脇を流れる小さな用水路によって路線のトレースは比較的容易。

左カーブでやや北に向きを変えると、今度はかなり狭い小道となり実質的な歩行者用道路として続いていく。道なりにまっすぐ進むと道幅がさらに狭まるが、鉄道の跡地は畑や雑木の生えた空地、宅地等に利用される。
D
15年3月
E その先で県道36号線と交差し、この手前に位置していたのが東吹(E参照)

県道との交差後は再び自動車通行可能な生活道として続いていく。ただ当時の路盤そのままではなく、かなり幅員を縮小して造られており、実際のレールは横に立ち並ぶ電柱のあたりだったとの話を聞いた。
北東に進む生活道はやがて水路と共に右カーブを描くが、鉄道路線はそのまま直進し農地の中に姿を消す。
15年3月

痕跡の消えた田圃の中でやや東に向きを変えると、そのまま篠山川を渡る。両岸に当時の橋台(F・G参照)が残り、橋脚の基礎部分も川の中から顔をのぞかせている。

F G
15年3月 15年3月

川を越えた左岸には岡野が設けられていた。建設会社の資材置き場付近だが、正確な位置の特定は難しい。

H 駅の東で新旧の路線が別れる。旧線は東に向かって延び東岡野交差点で県道77号に接近し、その後は徐々に北に離れていく。ただ跡地には住宅が立ち並び、その線路跡をトレースすることは既に不可能となっている。一部にはそれらしき土地境界線も見受けられるが、断定できる根拠は得られない。

さらに河川改修の済んだ藤岡川を越えると、開業当初の篠山町(H参照)に到着する。自動車店がその駅跡と言われているが、残念ながらこちらも現地で確認を取ることは出来なかった。
15年3月
一旦、新旧路線の分岐点に戻る。新線側は岡野の東でやや南に向きを変え、東岡野交差点内を抜けると、中心部へ向かう市道沿いの民家裏手にその位置を移す。

私有地となった路盤は放置され一部には雑木等も茂るが、そんな中に溝橋跡(I参照)を見つけることが出来る。
I
15年3月
J しばらく東進すると今度は住宅等に利用され、旧線同様藤岡川を渡る。そのまま農地の中を直線で抜けると西町。ここも一部が自動車店に取り込まれている。


その先で自動車部品工場の敷地内に入るが、手前の側溝に石積み橋台(J参照)が残されている。さらに東側に隣接する工場駐車場の南端が線路跡に相当し、一部は放置された竹藪として姿を見せている。
15年3月
続いて二車線道路を横切ったのちは再び住宅地に入り、篠山念法寺の北脇をすり抜けると魚ノ棚(K参照)へとつながっていく。

ここからは篠山城のお堀沿いを走り、市役所の前までは歩道として活用されている。
K
15年3月
L 廃止時の終点となった篠山町(L参照)も、以前は他の駅跡同様一部が自動車店として使われていたようだが、現在は閉鎖されている。車庫や本社も備えた広い敷地の東端は黒岡川に接し、南北の路地が駅前道路に相当するが、駅跡の雰囲気はどこにも感じられない。廃止後に土地が分断されたことがその要因で、今となっては当時の全容をつかむことは難しい。

将来の延伸に備えて移設された駅だが、篠山線の開通によって結果的には無駄な投資に終わってしまった。
15年3月

なお名称の似た二本の廃止路線を抱えるためか、地元でも両者の混同が多いことには驚かされた。


 参考資料


 参考地形図

1/50000  篠山 [T5鉄補]
1/25000  篠山 [T12測図]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2015-5/3  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.