出石鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート関西  減速進行

 地区:兵庫県豊岡市 区間:江原〜出石(11.2km) 軌間:1067mm単線 動力:蒸気・内燃

但馬の小京都として、あるいは特産の皿そばで観光客を集める出石。古くからの歴史ある町だが山陰本線建設のルートから外れ、町勢の減退を心配した地元有志により江原までの軽便鉄道を開通させた。第二次世界大戦中に資材供出のため廃止となり戦後復活運動も展開されたが、残念ながら運転を再開することは叶わなかった。なお休止から廃止までの期間が長いのは、手続き上の不備によるものといわれている。


 略史

昭和 4 (1929)- 7/ 21 出石鉄道 開業
19 (1944)- 5/ 1   〃 休止
45 (1970)- 7/ 20   〃 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと鉄道線を表示します


 廃線跡現況

A 山陰本線に隣接して設けられた江原(A参照)は跡地が駐車場等に利用され、当時の雰囲気を感じるものは何も残されていない。
北東に向けて走り出した列車はしばらく国鉄と併走し、今その路線上には商店等が立ち並ぶが、途中の小川に橋台跡(B参照)を見つけることが出来る。

八代踏切の北で徐々に山陰本線から離れ、そのまま右カーブを描き蓼川第二保育園に飛び込む。
15年3月
出石鉄道は保育園北側の一車線の生活道に沿って、東に向かって進む。跡地は住宅や駐車場に利用され、あるいは一部空き地のままの箇所も存在する。当時の路盤に沿った土地の境界が散見され、細かく分断されている割にはその上をたどることは比較的容易だ。 B
15年3月
C アパートの脇を過ぎ、日高児童公園の前を横切り、民家裏を進むと国道482号線にぶつかる。鶴岡新道バス停の南西にあたる。

ここからは鉄道用地を利用した一車線の生活道(C参照)が始る。木工所を過ぎ、稲縫神社脇を抜けるように道は続くが、この神社手前の十字路で鉄道跡は生活道から分離し、左に緩やかなカーブを描く。
15年3月
本線の休止以降も砂利採取線が戦後まで運行され、この付近から円山川に向かっていたとの情報もあったが、確認可能な痕跡を見つけ出すことは出来なかった。

左にカーブする本線側は民家や空地、現在は空き家となった牛舎(D参照)などに利用され、さらに雑木が生えた築堤、路盤に沿ったブロック塀など、細かく分断されてはいるが跡地を確認することはまだまだ可能。
D
15年3月
E 一旦区画整理された農地を通った後、鶴岡区公民館をかすめるが、その向かい側にも一部の境界線が姿を現わしている。

北東に向いた路線が民家を抜けた先に、今度は当時の石垣擁壁(E参照)を見つけることが出来る。付近はその後埋立てられたり、換地されている箇所も多いと聞いた。
15年3月
そのまままっすぐ進むと円山川にぶつかる。右岸には橋台(F参照)が残り、川底にも橋脚跡らしき構造物を認める。並行する下流側の道路橋が取壊し中で、接近して確認することが出来ないのはやや残念。

川を越えると一車線の生活道に転換されて東に進むが、当地は冒険家植村直己の生誕地で、ふるさと公園への案内板が目立つ。
生活道はその先で二車線に広がり、かなり快適な道路に変る。
F
15年3月
G 上ノ郷(G参照)は頼光寺の前に位置し、その跡地には屋根付の車庫がポツリと建っている。上記ふるさと公園もこの寺の裏山に設けられている。

ここからは再び一車線の農道に近い生活道に変るが、少し先の十字路でやや北に向きを変えると、区画整理された農地に飲み込まれてしまう。
15年3月
築堤で少しずつ高度を上げていたと思われる出石鉄道は、やがて国道482号線に接近する。

ここに橋台(H参照)が残り、その東側は雑木等の生えた藪地や未舗装路となって、国道と平行しながら続いていく。用水の取水口付近には築堤も目にするが、当時の鉄道用なのか、その判断は難しい。
H
15年3月
I 国道がS字カーブを描くと線路跡が道路脇に寄り添い、市谷川を同時に越える。ここにも橋台(I参照)がその姿を両岸にとどめている。少し先にはバス停があり、市谷集落へ延びる道路もつながっているが、中筋はこの道の東側に設置され、現在の民家付近であることを地図が示している。

このあたりから国道を右に離れ始め、住宅地を抜けると山裾に沿って緩やかな右カーブを描く。善教寺の裏手まで進むと、山腹の中段にそれとわかる段差が残り、動物避けの柵が連続して設けられているため、遠目からもはっきりとルートを確認することが出来る。ただし足を踏み入れることは、かなり困難な状況。
15年3月
更に牛舎の前を抜けると、ほんの一部が未舗装の作業道(J参照)として残るが、その先は再び荒れ地に戻る。

左にカーブし始めると高圧ガス工場の下、続いて農地内を抜けるが痕跡は見つからない。工場の東隣に小道があり、当時は鉄道の築堤をトンネルでくぐっていたと聞いた。道ばたにやや不似合いなコンクリートの塊が転がっているが、関連があるのか確認はとれなかった。
J
15年3月
K 農地の先は林の中に飛込む。ただ既に雑木が生茂り、中に踏み込むことは出来ずトレースは難しい。少し遠くから眺めると、一部の樹木がやや低くなった箇所があり、ここが線路跡に相当する。

藪の中で徐々に高度を上げ、その後山裾に再び姿を現す。やはり動物避けの柵が建並び、遠くからも視認出来る。路盤は草刈等も実施され(K参照)、作業道としてそのまま使えそうだが、車の走行跡はない。柵に入口がないため中に入り込めないのは残念。
15年3月
小さな溜池を過ぎると再び国道482号線に近づきサミット付近で合流、ここからは国道の拡幅に利用され、東に向かって下り勾配となる。

やや南に向きを変える地点に片間バス停が設けられ、ここを過ぎると出石鉄道は再び国道から南に分離する。道路脇のやや上方には鉄道の路盤跡が半分程顔を出している。
分岐点には民家が建つが、その先は一部が小さな農地(L参照)として利用されている。
L
16年7月
M 更に建設資材置き場を抜けると今度は藪地に変わり、一旦ルートのトレースは不能となる。しかし道路側の下り勾配終了地点で右に入ると、ゴミ集積場の裏手に再び当時の築堤(M参照)を認めることが出来る。

付近に橋梁跡が残されている可能性があるとの話も聞いたが、残念ながら発見には至らなかった。
16年7月
東に向かう国道が大谷地区でほんの少し南に進路を振ると、鉄道跡は踏切を介して道路の南から北にその位置を変える。その先は小道に転換されたのち民家にぶつかるが、ここに小坂村のホーム跡(N参照)が顔を覗かせている。
現状からは、かなりの埋め立てが実施されたことを見て取れる。
N
15年3月
O その東は程度の良い一車線の生活道として東につながり、のどかな田園風景の一本道といった風情を示している。地元でこの道が鉄道みちと呼ばれていることは確認したが、それ以上の情報は得られなかった。

島口は小坂小学校の北付近と思われるが、ホーム一本だけの小さな停留所で場所の特定は難しい。ここからは未舗装路(O参照)となり、しばらく進んだ後に再び舗装路に変り、右に大きくカーブを描き方向を変える。
15年3月
カーブ終了時点の道路脇にコンクリート構造物(P参照)があり、地元で複数の人から鳥居のホーム跡だと教えてもらった。話を聞いた中に土地の所有者も含まれ、今は削られたが昔はコンクリート上面まで小高く土盛りされていたこと、親からホーム跡であると聞いていること、等の説明を受けた。

ただ現物を目の前にすると違和感がぬぐいきれない。大きな問題は線路側に傾斜がついていること、これは建築限界と整合性がとれないし、他に同様の構造を一度も見聞したことがない。また両端の傾斜も不自然で、スロープならもっと傾斜が緩く、反対側は垂直であるのが一般的だ。
P
15年3月

その他の点も含めてどうにも腑に落ちず疑問点を尋ねたところ、当時を知る長老宅までわざわざ案内して頂いた。残念ながら留守で話を聞くことが出来ず、これ以上の究明は不可能となったが、私的にはホーム跡ではなく土留め擁壁であるとの結論を出した。

Q 駅のすぐ南にも小さな橋梁跡が残っていたらしいが、現在は確認出来ない。

ほぼ真南に向いた路線は国道482号線の旧道部、続いて新道と交差し、出石川左岸の山腹に沿って南下する。その出石川に合流する菅川を渡ると長砂橋西交差点へとつながり、ここからの鉄道用地は国道432号線として二車線の舗装路に拡幅転用されている。

一旦左曲線を描いたのち右にカーブを始めるが、出石鉄道はここで国道を東に離れ、既に区画整理が終了し獣害除けのネットが張巡らされた農地に吸い込まれていく。
市街地に近づくと農地の中に一車線の生活道(Q参照)として姿を見せはじめ、その後市道に突き当たり終了する。ここから先は既に民家が建ち並び、鉄道跡のトレースは困難となる。
15年3月
市街地西端に位置する終点の出石(R参照)は、車庫や機関区も備え広い敷地を有していたはずだが、今はすべて民家に変り、鉄道を連想出来るものは何ひとつ残されていない。

駅の東には空き地が広がり、そのブロック塀の西側に線路が敷設されていたこと、南側が駅の端だったこと、かなり北に留置線の車止が長期間残っていたこと、地元では軽便と呼んでいたこと、等の話を聞くことができた。
R
15年3月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  出石 [S7修正]
1/25000  出石 [該当無]  江原 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2016-7/31  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.