北丹鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート関西  減速進行

 地区:京都府福知山市 区間:福知山〜河守(12.4km) 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→内燃

現福知山線となる阪鶴鉄道は由良川沿いに舞鶴までの延伸を計画したが、由良川の舟運が発達していたことや鉄道による公害を心配した住民から反対運動が起こり、別ルートで敷設されてしまった。やがて時代の進展と共に鉄道への要求が高まり、福知山と日本海の由良を結ぶ北丹鉄道が地元で計画され、とりあえず河守まで開通した。ただ以北への延伸工事は、接続予定だった宮津線のルートが変更されたことや資金難等を理由に中止されてしまった。結果的にはやや中途半端な路線となり、頻繁に発生する由良川の水害も加わり経営難が続き、国鉄の計画を引き継いだ第三セクターの宮福鉄道に後を託さざるを得なかった。


 路線図
 略史
大正 12 (1923)- 9/ 22 北丹鉄道 開業
昭和 46 (1971)- 3/ 1    休止
49 (1974)- 2/ 28    廃止
63 (1988)- 7/ 16 宮福鉄道 開業
* 地図上にマウスポインターを置くと鉄道線を表示します

 廃線跡現況

A 山陰本線に隣接していた始発駅の福知山(A参照)。廃止後は後継路線でもある宮福鉄道に使用されていたが、その後の連続立体化事業によって駅はやや南に移設されたため、今は駐車場として利用されている。当時から北側にJR福知山支社ビルが建ち、位置の特定は容易。

なお宮福鉄道は翌年北近畿タンゴ鉄道に名称変更し、更に最近は京都丹後鉄道へと運行会社が変更されている。
15年3月
西向きに出発した列車は右カーブで徐々に国鉄から離れるが、ここに当時の橋台(B参照)が残されている。その先は市街地に入りビル等に痕跡を消されるが、一部に跡地に沿った土地境界線を見つけることもできる。

ほぼ北に向いた地点で府道523号線と交差し、ここからの一車線道路が鉄道路線に合致する。緩やかな右カーブを描く道路は数百メートルで途切れ、再び民家や駐車場に取込まれる。
B
15年3月
C 北東に向かう路線は市道同士の信号交差点、続いて幼稚園を抜けるとその先に西駅公園が広がる。ここが福知山西(C参照)で、本社跡を示す石碑があり蒸気機関車も保存されている。

車庫を併設した広い敷地を有し、公園の南に隣接する福知山市学校給食センターもその一角を占めていたと考えられる。
15年3月
駅の北は再び生活道(D参照)に転換され、大きな左曲線を描く。カーブの途中で道路は終了し、北西に向きを変えると二車線道路に吸収されたのち、徐々に北へはずれ由良川に接近するといったルートを取る。ただ痕跡は既に街中に消え正確なトレースは難しい。 D
15年3月
E 由良川は氾濫による水害を繰り返したため、堤防の嵩上げを含む河川改修が継続して実施されてきたが最近ほぼ完了し(E参照)、その左岸の古い堤防上や河川敷を走っていた北丹鉄道の路線を探し出す手だては失われてしまった。

途中で支流の和久川を渡り、さらに荒河排水場を過ぎると河川敷から離れ市道に合流する。ここからの市道は廃線跡を拡幅転用したもので、二車線の快適な道路となっている。
01年01月
道なりに北へ進むと下川(F参照)に到着する。地図上では同名バス停のやや北付近を示すが、痕跡は見つからず正確な位置の特定は難しい。続く上天津は天津小学校の手前で、こちらも駅跡を示すものは見つけられないが、西から延びる取り付け道路は今も健在。

その先で市道は左に曲がるが鉄道側はまっすぐ進み、コンビニの裏手を抜けると宮津街道と呼ばれる国道175号線に並び、右手には再び由良川が接近してくる。
F
01年01月
G 国道の数メートル下方には鉄道路盤が放置され、雑木が茂った箇所や草刈り等それなりに手入れされた箇所、あるいは家庭菜園に利用される箇所等が入り交じっている。途中の小川には、ガーダーを含めた橋梁跡(G参照)を見つけることも出来る。

一部に国道の拡幅に取り込まれたと認められる場所もあり、何か痕跡でもないかと道路上から覗くと、なんと鹿が数匹走り去っていった。鹿も驚いただろうが、こちらも十分驚かされた。
15年3月
登り勾配がやがて下りに変わり、緩やかな左カーブを描くと右手に当時の築堤が姿を現わし、そのままグランドにつながる。同時に一車線の舗装路が国道から分岐して右手に向うが、これは由良川河川敷の砂利採取線の跡とも考えられる。

その先は農地となり一旦痕跡は消える。下天津も地図により信号交差点の東付近と判断するのみ。駅の北で瘤木川を渡るが、ここの橋梁(H参照)が当時のままで残り国道からも視認出来る。
H
15年3月
I そのまま資材置場を抜けると、放置された路盤は国道に接近する。
下天津交差点の北にも橋台跡(I参照)があり、こちらは嵩上げされ導水管用として再利用されている。

国道が右カーブで北東に向きを変えると、北丹鉄道は国道を斜めに横断しその位置を西側に変え、そのまま二つの連続したトンネルへとつながっていく。
トンネルは鉄道時代からのもので、南側の日藤第一は盤上げされ国道とレベルを合わせ、北側の日藤第二(J参照)は原型のままで、共に内側を補強して提供されている。

その先は国道の西側を併走していたが、道路の改良により鉄道が走っていた雰囲気を感じ取ることが出来ないまま、再び国道を横断し東側に移る。ほぼ同時に宮福線をくぐり、右に別れる旧道の東脇へと続いていく。
J
15年3月
K 公庄の集落に入ると市の駐車場脇に再び橋梁跡(K参照)を発見。こちらも桁が残され、一目で鉄道用と判別できるのはうれしい限り。
そのまま河西体育館に突き当ると、そこが公庄[グジョウ]。日用雑貨店の斜め前に駅舎があり、東側の側線で貨物の積込みも行われていた。

北東に向かう路線は国道175号線と宮福線の間を抜け、一部が国道の拡幅に、また一部は宮福線の用地に提供されているが、その詳細な区分けは難しい。
15年3月
続く蓼原には地元の野菜などを販売する小さな小屋が建てられ、その先宮福線の直下には橋台跡(L参照)を見つけることも出来る。

国道がやや北に進路を振ると宮福線は右に離れるが、北丹鉄道はそのまま道路脇を併走する。当時の路盤は利用されることもなく東隣に空地として続いている。
L
15年3月
M その空地が国道から徐々に離れると終点の河守[コウモリ](M参照)へと滑り込む。終端駅らしい大きな構内は、大半がおおえ駅前商店街に生まれ変わっている。
電気店や喫茶店が一直線に立ち並ぶ店舗の中央部にレールが敷かれていたこと、ホームは西側にあったこと、北はJAの手前、南はタクシー会社の事務所付近迄が構内だったこと、、府道493号線付近に駅舎があったこと、駅前広場もあり盆踊り等も開催されていたこと、駐車場付近に河守鉱山の鉱石置場があったこと、等々を地元で教えてもらった。

宮津までの第二期計画との関連なのか、路盤そのものは更に数百メートル続いていたが、埋立てを含む造成によりその痕跡は完全に消されている。
15年3月

 −保存車両

西駅公園に保存される機関車(N参照) N
15年3月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  大江山 [S24応修]  福知山
1/25000  三岳山 *[S47改測]  河守 [S22資修]  福知山西部 [S46改測]

 参考施設


 
 お断り     連絡先     ページtop
制作日2015-4/29  無断転載禁止 Copyright (C) 2015 pyoco3 All Rights Reserved.