別府鉄道を訪ねて

廃止鉄道ノート関西  減速進行

 地区:兵庫県加古川市 区間:野口〜別府港〜土山7.8km 軌間:1067mm単線 動力:蒸気→内燃

肥料製造会社が自社製品の輸送を目的に建設した、専用線に近い鉄道。短いながら北に向かう野口線と東に向かう土山線の二路線を擁し、当初から旅客輸送も手掛けていた。業績は工場の生産量に比例したが、昭和後期に自動車輸送へ役目を譲って廃止された。


 略史
大正 10 (1921) - 9/ 3 別府軽便鉄道 開業
昭和 21 (1946) - 4/ 2 別府鉄道に改称
59 (1984) - 2/ 1    廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと鉄道線を表示


 廃線跡現況
A 国鉄との西側の連絡駅野口(写真A)は、二車線道路に痕跡をかき消されている。これは接続していた高砂線側も既に廃止され、線路跡が市道に転換されたためで、道路脇には歴史を伝えるべく駅名標を模した案内表示が設けられている。
18年4月
駅を出ると別府鉄道は大きく左にカーブを描いて市道から離れ、その路盤は「松風こみち」と名付けられた遊歩道(写真B)に変わる。 B
18年4月
C カーブ終了地点の別府川では、鉄道時代のスルーガーダー橋(写真C)が歩行者用として再利用されている。

橋を渡り県道386号線を横切ると、交差点東に藤原製作所前が置かれていた。駅跡を利用した休憩所が設けられ、ここからは一車線道路が北側を並行する。
18年4月
円長寺には何も残されていないが、その代りなのか、西方の公園に当時の車両が展示保存されている。

駅の先では、レールを含めた踏切跡(写真D)が路面上に顔を出している。恣意的に保存されているのか、撤去費用が無いのかは不明だが、保存の意思があるなら何らかの説明看板が欲しいところ。
D
18年4月
E 南東に向かう路線は、その後国道250号線と鋭角に交差する(写真E)。国道には鉄道を越える三車線分の跨線橋が残され、東行き車線として使用されている。

西行き車線は鉄道廃止後に拡幅されたため高架にする必要がなく、上下線が分離するやや不思議な光景を見せている。
18年4月
周囲にあまり人家のない農地の中に位置した坂井。現在は住宅密集地に囲まれ、駅跡は休憩所に変わっている。
この東方の踏切跡(写真F)も、当時の状態を保っている。

なお遊歩道は交差点毎に二重の柵が設置され、自転車での通り抜け時にはスピードを抑えるような工夫がされている。
F
18年4月
G 道なりに南東へ進むと、県道383号線との交差点東に小さな休憩所が現れ、ここが別府口の駅跡に相当する。相変わらず鉄道に関する表示、案内はない。

その後、新幹線と山陽電鉄をアンダーパス(写真G)した遊歩道は、二車線の舗装路に切り替わる。
18年4月
野口線と土山線の起点であると同時に両線の分岐駅、別府港(写真H)は現在タクシーの営業所となり、別府鉄道の大きな看板も掲げられている。同構内には機関庫も備えていた。

本来は貨物主体の駅だが、潮干狩りや海水浴シーズンには大勢の行楽客が押し寄せたようだ。
H
18年4月
I 線路はさらに貨物線として南へ続き別府港口まで延びていたが、工場内(写真I)に敷設されていた路線のため立ち入ることはできず、調査は諦めざるを得ない。

土山線は別府港の北で野口線から東に別れる。分岐部は駐車場となり、その先は舗装道路に転換される。
18年4月
野口線同様、山陽電鉄と新幹線をくぐり、同じく国道250号線を横切る。国道側の跨線橋が東向き車線だけなのは、やはり野口線と同じだ。

国道との交差部すぐ東側に、中野(写真J)が設けられていた。
J
18年4月
K 東に続く道路沿いには当線で使用された貨車が置かれている。比較的きれいな状態を保つが、保存目的のようでもあり、作業小屋として使われるだけのようでもある。

廃線跡を転用した道路はその先で小さく右に曲がると、大中遺跡公園内の遊歩道(写真K)に変わり、「であいの道」の名称がつく。
18年4月
遊歩道はさらに野添であい公園、野添北公園内を進み、県営住宅の脇をすり抜けると山陽本線との接続駅土山(写真L)につながる。

JR駅の南にホームを並べ、貨物受け渡し用の長い留置線も構えていたが、南口の新設によりその痕跡はすべて消し去られている。
L
18年4月

 −保存車両
円長寺の小公園(写真M)と播磨町立郷土資料館(写真N)に、当時の車両が展示保存されている。
M N
18年4月 18年4月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  高砂 [S25応修]
1/25000  東二見 [S49修正]  高砂 [S53修正]

 
 お断り・連絡先     ページtop
制作公開日2018-9/11  無断転載禁止 Copyright (C) 2018 pyoco3 All Rights Reserved.