淡路交通鉄道線を訪ねて


廃止鉄道ノート関西  減速進行

 地区:兵庫県洲本市 区間:洲本〜福良23.4km 軌間:1067mm全線単線 動力:蒸気・内燃→電気

明石大橋が開通し本州からの便が格段に良くなった淡路島。ここに昭和40年代初期まで、島の中心洲本から四国への連絡港福良への鉄道が走っていた。この時期の廃止鉄道は自転車専用道や一般道への転用が多い中、ここ淡路交通鉄道跡もやはり道路への再利用を中心としているが、当時の痕跡も各所で見つけることが出来る。
高速道路が開通したといっても、土地柄まだまだ廃線跡が急激に開発される心配はなさそうだ。


 略史

大正  3 (1914) - 4/ 20 淡路鉄道 設立
11 (1922) - 11/ 26   〃 開業
昭和 18 (1943) - 7/ 1 淡路交通に社名変更
23 (1948) - 2/   〃 電化
41 (1966) - 9/ 30   〃 鉄道線廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと淡路交通路線を表示します

 廃線跡現況

A 洲本(A参照)は市の中心にあり、廃止後バスターミナルに利用されるものの鉄道時代の雰囲気をよく伝え、今にも列車が発車しそうだ。

西に向かう鉄道跡は二車線の道路として転用され、今では通行車両もそれなりに多い。
94年11月
続く寺町の駅跡と当地の主要河川、洲本川橋梁の痕跡は消え失せているが、以前は市営宇山住宅の前に小川の橋台(B参照)を見つけることができた。
ただ現在はここも道路に整備されたため、この姿も既に過去のものとなった。
B
94年11月
C 宇山(C参照)も駅跡には二車線道路が東西に通過するが、車庫を併設した広い構内の大半は今も淡路交通のバス車庫として利用されている。

南から延びる駅前通、以前は通り抜けも出来たが、残念ながら現在は行き止まりとなってしまった。
94年11月
鉄道跡を転換した道路上を道なりに進むと下加茂(D参照)に到着する。当時のホーム跡が永く残されていたが、こちらも道路に飲み込まれてしまい跡形もない。同時にバス停も移動してしまったようだ。 D
94年11月
E 駅の先も農道状の道路(E参照)として続いていたが、今は二車線道路に拡幅されゆるやかに南西に向きを変える。

更に先山からは県道469号線の名称が付くが、やはり道路建設にともなって鉄道の遺構は消滅している。
94年11月
駐車場が目印となる二本松で県道番号が469号線から125号線へと若返り、さらに市道へと変化するが、道路上を更にしばらく進むと位置の特定が難しいに着く。

この先で淡路交通線を利用した二車線道路は終了し、その後は生活道、民家、空き地等と多様に変化し痕跡の無いところも多い。
ただ丹念に探せば宅地の中に取込まれた橋台(F参照)なども発見することが出来る。
F
94年11月
G ルート上を進むと藪地となった当時の路盤が姿を現わし、生活道と交差する脇に小川の橋台(G参照)が両岸とも残されている。

地元で架けられたのか、人が渡れるように丸太の桁も設置されている。
16年03月
橋の先には築堤が残され、未舗装ながらもその上を車で走ることが可能となっている。

その道路が未舗装から舗装路に変わる場所に設置されていたのが広田(H参照)。跡地には公営の住宅が建つが、付近は駅跡の雰囲気を十分残している。
H
94年11月
I 路線は更に一車線の生活道として続き、倉庫に突き当たって左に曲がる。倉庫の右側に急坂の細い道が分岐し、こちらが線路跡に相当する。

急坂を上りきると橋梁跡(I参照)が現われる。比較的大きな橋台が両岸とも健在だが、地形図には川の記載がなく河川名も不明のまま。
16年03月
橋台脇の民家を抜けたのち、そのまま農協倉庫の横を未舗装路として右カーブで進み、県道125号線に合流する。ただ農協から県道の間は山腹の整備によりそのルートをたどることは出来ず、以前確認出来た合流地点(J参照)も既に姿を変えている。

ここからの県道は淡路交通線と旧道を合わせて拡幅利用したもので、快適な二車線道路となっている。
J
94年11月
K 県道上をしばらく西に進むと倭文長田交差点に出るが、この西側に長田が設けられていた。

更に一旦北西に向きを変えた県道が左に大きく曲がり、ほぼ真南に向くと掃守[かもり]。この直前で県道は右に急カーブを描いて西に離れ、駅跡は空き地として利用予定もなく放置されている。なお西に離れる県道の一部が当時の駅前道路に相当する。

駅の南は宅地に変わり、一部に県の所有と思われる空き地も見受けられる。この中に溝橋の石積橋台(K参照)を見つけることが出来る。ただ本来の高さからはかなり削られて下部のみが利用されているようだ。
16年03月
続く 相成川の堤防にも当時の橋台(L参照)を見つけることが出来、両岸とも現存する。

川を渡り高速道の下をくぐると、鉄道路盤は歩行者道路(M参照)に転用され始める。道路途中に橋梁が二箇所あり、共に鉄道時代の橋台(N・O参照)を再利用している。
この歩行者道路は三原川に突き当たって終了するが、川の右岸には石積の橋台(P参照)が残されている。ただ対岸からしか確認を取ることが出来ず、しかも草に覆われていて時期によっては認識するのが難しい可能性もある。
L
94年11月

M N
94年11月
16年03月

O P
16年03月 16年03月

Q 川を越えると民家や農地等に取り込まれ、跡地の確認が難しくなる。ただ細かくクランクを描く生活道の一部に、線路跡に相当すると思われる箇所も存在する。そんな中に小さな用水の橋台(Q参照)を発見する。

南に向かう路線は廃業した自動車工場を通って、そのまま榎列小学校内を抜けていた。
16年03月
地元の人以外には絶対に読めないと思われる自凝島[おのころじま]と読み、駅跡の大半は榎列小学校に、一部は南側を東西に走る二車線道路に取り込まれている。
駅の西方には飛行場があり、第二次世界大戦中は軍隊が利用するため利用客も多く、駅員が配置されていたと聞いた。ただ地形図では、道路を挟んだ逆の南側に駅位置が記載されているのは気になるところ。

淡路交通線はここからは再び二車線道路に転換され、一本松でやや東に向きを変える。この駅も地形図とはズレがあり、二箇所連続での記載ミスには困ったものだ。
市村(R参照)は郵便局と眼科との間、神代はやや道が広がる付近と考えるが確認は取れなかった。
R
94年11月
S 道なりに南に進むと国道28号線にぶつかるが、道路への転用はここまで。

国道沿いに建つ住宅を越えると、放置された路盤が右にカーブを描きつつ牛内川を渡る。この河川には痕跡がなく、川を越えたのちも路盤跡は空き地(S参照)となって右カーブが続く。
16年03月
カーブの終了地点には店舗が建つが、道を挟んだ西側が賀集(T参照)となる。ここからは再び道路転用が始まり、駅跡の痕跡は既にない。 T
94年11月
U 途中の大日川にも道路橋が架橋されたため、いまでは自動車での通行が可能となっているが、以前は駐車場や空地等として放置されていた(U参照)。相変わらず生コン工場がその目印の役割を果たしている。

川を越えるとすぐに御陵東。駅名は近くにある淳仁天皇陵から命名されたと思われるが、同所にある現在のバス停名は賀集となっている。
94年11月
淡路交通線を転用した道路は一車線であったり二車線に広がったりと、統一性がないまま西に向かい自動車学校に入り込む。

開業当初はここに八幡が設けられていたが、昭和初期には既に廃止されている。駅跡は確認出来ないものの放置された築堤の一部が残り、崩れかけた溝橋跡(V参照)も残されている。
V
16年03月
W 学校内を抜けると八幡交差点付近で国道28号線に合流(W参照)する。当時は道路の南側を併走していたが、今では国道への転用および拡幅用地として提供され痕跡は見つけられない。
94年11月
小さな峠を越えると下り勾配の途中、北側に古い給水塔を認める。確認は取れなかったが淡路鉄道時代に使用されたものと考える。ただ駅からは離れ、勾配の途中でもあることから当時の使用状況を想像することは難しい。

ここから鉄道跡は国道28号線を北に外れ、福良の市街地に入る。南淡庁舎の道を挟んだ東側、駐車場付近に初代の終点福良(X参照)があった。当時はここで海岸線に接していたらしい。
X
16年03月
Y のちに福良湾が埋立てられ、それに伴って淡路交通も路線を延長し、再び海岸に面した二代目福良(Y参照)が設けられた。
ここは鉄道時代の駅舎が永くバスターミナルとしてそのまま活用されていたが、残年ながら現在は新たに建替えられてしまった。

なお地元の方々の関心も高いのか、沿線での聞き取り調査を順調に進めることが出来た。皆さんの記憶をうまく引出せば新たな発見が出来る可能性を秘めている、そんな魅力ある廃線跡だ。
94年11月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  洲本 [S33要修]    鳴戸海峡 [S33要修]    由良 [S33要修]
1/25000  洲本 [S22資修]  都志 [S24資修]  広田 [S24資修]  福良 [S3測図]

 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新2016-3/26  無断転載禁止 Copyright (C) 2005 pyoco3 All Rights Reserved.