明延鉱山専用線/神新軌道を訪ねて

廃止鉄道ノート関西  減速進行

 明神電車軌道   地区:兵庫県朝来市 区間:明延〜神子畑6.1km 軌間:500→762mm単線 動力:電気
 神新軌道   地区:兵庫県朝来市   区間:神子畑〜新井10km   軌間:500mm単線   動力:馬力→内燃

神新軌道は神子畑鉱山の鉱石輸送を目的として建設された馬車鉄道。鉱山の資源が枯渇し始めると、奥地の明延鉱山からの産出品輸送に切り替わり、目的地も生野鉱山から播但線の新井駅に変更された。その後道路整備が進むとトラック輸送に主役を奪われ廃止された。その明延鉱山と神新軌道を結ぶべく誕生したのが明神電車軌道。鉱石輸送が主な目的だが、旅客を一円で乗せることから一円電車の愛称で親しまれ、マスコミに取り上げられることもあった。こちらは代替道路は造られず、鉱山の閉鎖まで運行が続けられていた。


 略史
明治 24 (1891) - 神子畑鉱山専用馬車鉄道 神子畑〜生野 開業
大正 10 (1921) -            新藤林業軌道に乗入、新井駅に接続
昭和   4 (1929) - 4/      明神電車軌道 明延〜神子畑   開業
8 (1933) - 神子畑鉱山専用馬車鉄道 山本橋〜生野 廃止
                         内燃化、神新軌道と呼ばれる    
    32 (1957) -       神新軌道   廃止 
    62 (1987) - 3/     明神電車軌道   廃止

 路線図

 廃線跡現況
明延鉱山専用線
A 一円電車の名で親しまれた明神電車軌道。その跡地は今も鉱山の所有で、構内への立入は禁止されている。

明延鉱山の拠点(A参照)にはインクラインのレールを認めることができ、この上部段を右に進んだ地点に一円電車の乗り場があった。
18年3月
神子畑に向かう路線は、第一トンネルを抜けたのち山肌に沿うように線路が敷設されていた。

明延川沿いの道を奥地に向かって進むと、やがて左手から路盤が近づいてくる。直後に桁を載せたままの小橋梁(B参照)と、河川橋の橋台(C参照)が連続で姿を見せる。
その先に待ち構えるのが第二トンネル(D参照)だが、坑口は鋼板と内側のブロックで二重にふさがれている。ただし路盤上にはレールも顔を出し、トンネル内部に線路が続いていることを予感させる。
B
19年4月

C D
19年4月 19年4月

E 鉱山側下部段にも坑内軌道が接続し、坑口、レール、踏切警報器(E参照)などが残されている。

県道6号線沿いには坑内軌道を利用した探検坑道(F参照)もつくられ、保存目的と思われる当時の500o軌間レールが道路を横断している。またレールの先に橋台跡(G参照)を確認でき、近くの明延学習館には車両も展示保存されている。
18年3月

F G
18年3月 18年3月

鉱山北側では、ズリ捨て線の取り残された軌道を見つける(H参照)。しかしその間隔は762mmで、本来の500mmより広い。しばらく線路沿いを進むと、新しい車両が小さな車庫に収まり、側面には明延自然学校の文字も見える。

つまり、線路は施設のアトラクションとして新たに敷かれたもののようだ。とはいえ、当時の雰囲気を十分に感じ取ることができる。
H
19年4月

途中にはルート短絡用に掘削されたトンネル(I参照)も坑口を見せ、また北側の延長線上にあるキャンプ場には、鉄枕木で組まれた762o線路(J参照)と、坑内用らしき極細のレールが山積みされている。

I J
19年4月 19年4月

K 東の神子畑側(K参照)は観光資源として一部が解放されるものの、大半は立入禁止となり、第二トンネルや一円電車の乗り場にも近づけない。立入可能な場所ではレール跡や車両等が保存され、急斜面のインクラインを望むことも可能だ。

なお車両に関しては明延振興館や生野鉱山前等、各所で展示保存されている。
18年3月

神新軌道
神子畑の選鉱所下(L参照)からこの軌道が始まる。一旦国道429号線と旧道を横切り、その奥で北に向きを変えて公民館を抜け、旧道からさらに国道に合流する。 L
18年3月
M 道路に取り込まれた部分も多いと思われるが、一部は道路わきにその用地(M参照)を残している。路盤を維持していた石垣は今も健在だ。

しばらく国道上を走ると軌道は右に分かれ、一車線の舗装路となる。途中には獣害除けのゲートもあるが、自由に通り抜けできる旨の表示がある。
18年3月
一車線道路は再び国道に合流するが、その手前で重要文化財に指定された神子畑鋳鉄橋(N参照)を渡る。鉱石運搬のために架けられた橋で、神新軌道もこの橋を利用していた。

この東方にも謎の橋台跡を認めるが、用途は掴みきれていない。
N
18年3月
O その後国道は、山神橋で神子畑川を渡り戻す。橋の上流側に旧道時代の橋台と橋脚(O参照)が残されているが、これは当初からのものではないようだ。川の形状から見て、氾濫により修復が繰り返されたことは十分に想像がつく。
18年3月
狭い山あいを抜けるため、川と国道は再び交差し道路が北側に出る。しばらくすると軌道は道路から離脱し、トンネル(P参照)に入り込む。既にブロックにより入口は塞がれてはいるものの、ポータルは両側ともしっかり残されている。
但し、このトンネルは短く、急カーブで迂回してきた国道とすぐに合流する。

また同所の神子畑川内には送水管状の奇妙な構造物が設置されているが、これは災害防止用の流木止めとのこと。
P
18年3月
Q さらに二回ほど屈曲を繰り返すと軌道は左手に分岐し、民家の前を通り抜ける。今も石積みの築堤(Q参照)が姿を見せている。

築堤を一直線に進むと神子畑川にぶつかるが、途中の路盤は農地に飲み込まれて痕跡は残されていない。
18年3月
川の右岸に残る橋台の残骸(R参照)は、地元での教示により軌道の遺構と判断することができた。また、馬車鉄道時代は川を渡らず、右岸側を上流に向かって走っていたとの話も聞くことができた。 R
18年3月
S 川を越えた後は一車線道路(S参照)としてつながっていく。路面は枯れ枝でかなり覆われ、途中には獣害除け柵のゲートが二箇所設けられている。山沿いの農地では、このゲートも必需品となっているようだ。

やがて国道に再合流した軌道跡は、南側の歩道として利用されている。
18年3月
しばらくすると国道は左に曲がって川を渡るが、軌道側はまっすぐ針路を取り、一車線の生活道(T参照)に転換される。

最初に越える老波川には道路橋の15m程上流に橋台跡が認められるものの、軌道との関係は不明。
T
18年3月
U 両側に設置された獣害除けの柵で、若干の圧迫感を感じながら生活道を進み、今村橋で神子畑川の対岸に渡る。川岸には古い橋台(U参照)が残されているが、こちらも軌道時代の遺構である確証は得られなかった。

なお開業当初の馬車鉄道はそのまま右岸を直進し、生野鉱山を目指していた。
18年3月
川を渡った後は新藤林業(現日本土地山林)の軌道に乗入れ、播但道の下をくぐり県道70号線に合流する。但し610o軌間の新藤林業線に対し神新軌道側は500o軌間のため、重複区間は三線軌条となっていたようだ。

朝来インターの南側まで進むと放置された路盤(V参照)が姿を現し、以前は車両に使われていたベアリングなどが落ちていたこともあるらしい。
V
18年3月
W 更に県道合流点の手前で八代川を渡るが、川底に転がるコンクリートの塊(W参照)が軌道橋梁のなれの果てのようだ。

また合流点の東側に馬鉄用の厩舎があったこと、県道もかなり拡幅されたこと等の話を聞くことも出来た。
18年3月
北に向きを変えた県道は国道429号線をくぐって播但線に並ぶ。旧新藤林業の工場を過ぎてからは沿線の民家の中に飛び込み、そのまま新井駅前に達する。

駅の南方(X参照)が軌道の拠点となるが、すでに駐車場等に利用され当時の痕跡を見つけることはできなかった。
X
18年3月

 参考資料
  1. 一円電車と明延鉱山/岡本憲之 著/神戸新聞総合出版センター
  2. 朝来町史下巻/朝来町教育委員会

 参考地形図
1/50000  但馬竹田 [M31測図/S25応修]  大屋市場 [M31測図/S25応修]
1/25000  大屋市場 [S57修正]  神子畑 [S57修正]  但馬新井 [該当無]

 
 お断り&連絡先     ページtop
最終更新日 2019-5/28  無断転載禁止 Copyright (C) 2018 pyoco3 All Rights Reserved.