善光寺白馬電鉄を訪ねて


廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:長野県長野市 区間:南長野〜裾花口 軌間:1067mm 動力:内燃

社名が示すように長野市と白馬村を結ぶ目的で設立された。山岳部の険しい地形を通過するための多額な建設資金が調達出来なかったのか、何とも中途半端な場所に位置する裾花口までの開通しか出来ず、暫定の目的地である鬼無里にすら届かぬまま廃止された。
鉄道がなくなった現在、社名を変更することもなくトラックによる運送業を営んでいる。


 略史

昭和 4 (1929) - 11/ 10 善光寺白馬電鉄 設立
11 (1936) - 11/ 16     〃 開業
19 (1944) - 1/ 11     〃 営業休止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと善光寺白馬電鉄を表示します


 廃線跡現況

A 始発駅の南長野(A参照)はトラックのターミナルに変身している。
国鉄長野駅への乗入れを要望していたが、最後までかなうことはなかった。
93年07月
南長野山王間で国道117号(当時は18号)線の下を抜けるトンネル(B参照)。写真右側が善光寺白馬電鉄のもの。

廃止後、国鉄の専用側線に利用された時期もあった。
B
93年07月
C 鉄道がなくなった今でも沿線で「善光寺白馬電鉄」の社名(C参照)を見つけることが出来る。


南長野山王間にて。
93年07月
市街地は再開発が進み痕跡が少なくなっているが、一部に用水路の橋台(D参照)等を見つけることが出来る。
わかりづらいが写真下、草に被われているのが善光寺白馬電鉄の橋台跡。


南長野山王にて。
D
93年07月
E 山王小学校の西隣に位置した山王(E参照)

駅南側の跨線橋跡を市道からも見ることが出来、市街地で一番の遺構だったが、残念ながら最近取壊されてしまった。
93年07月
妻科信濃善光寺を過ぎると裾花川を二度横切る。
西側の第二裾花川橋梁には橋脚(F参照)が残り、国道406号線からも眺めることが出来る。
F
93年07月
G 川を渡ると茂菅(G参照)。畑のなかにホームが埋っている。


ここからは一部が農道として利用されるが、他は放置された箇所も多く土砂崩れなどで跡地を辿ることも難しくなる。
93年07月
全線で4ヶ所のトンネル(H参照)が掘削されたが、すべて地形の険しい茂菅以遠に位置していた。


茂菅善光寺温泉にて。
H
93年07月
I 裾花川の左岸に沿って進むと善光寺温泉(I参照)。温泉といっても一軒だけで、それも今はない。
ここからは一車線の道路として終点裾花口につながる。


更にその先、暫定の終点鬼無里を目指して建設が進められ、未貫通も含め4ヶ所のトンネルが掘削されている。
また未成に終ったが、茂菅善光寺温泉間で一旦裾花川の南岸に渡るルートが着工され橋台まで完成しているようだが、発見することは出来なかった。
93年07月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  長野 *[S12二修]    戸隠
1/25000  長野 [該当無]  若槻 [該当無]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
2014-10/14更新  無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.