尾小屋鉄道を訪ねて


廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:石川県小松市 区間:新小松〜尾小屋16.8km 軌間:762mm単線 動力:蒸気→内燃

尾小屋鉱山の貨物輸送を目的として設立された鉄道。762mm軌間の軽便鉄道としては比較的遅くまで活躍した路線で、映画やドラマにも登場し、晩年は多くのファンを惹きつけていた。


 略史

大正 8 (1919) - 11/ 26 *正田順太郎鉄道 開業
9 (1920) - 6/ 11 横山鉱業部 正田順太郎鉄道を譲受
昭和 4 (1929) - 7/ 2 尾小屋鉄道として独立
52 (1977) - 3/ 19    〃 当日を以て廃止

* 正田順太郎は合名会社横山鉱業部の尾小屋鉱山長


 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと尾小屋鉄道線を表示します


 廃線跡現況
A 北陸本線小松駅からは二本の私鉄路線が延びていた。その一つ尾小屋鉄道の新小松(A参照)駅跡は、駐車場として生まれ変わっている。

JR線は高架化され、その跡地に新幹線を通すべく準備が着々と進み、当時の面影を偲ぶものは何も残されていない。
91年8月
道路を挟んだ南側の検車場跡(B参照)に、後継会社小松バスの事務所が建ち、その存在を示す唯一の手がかりとなっている。ただ新幹線開業後は更に変貌することが予想される。

南に向かう路線は一車線道路に転換され、しばらく進んで左に曲がると、四車線の市道に合流し、すぐに当地の主要道国道8号線と交差する(C参照)。当然ながらここには踏切が設置されていた。
なお国道はパイパスが完成したため、305号線と番号を変えたものの、今なお交通量は多い。
B
91年8月
C ここからの市道は鉄道路盤を拡幅転用して建設され、歩道付きの快適な二車線道路となっている。ただ廃止後しばらく歩行者用道路として利用されていた路盤(D参照)も、今では全て道路に飲み込まれ、見るべきものは何もない。

道路上を進み西吉竹吉竹(E参照)と各駅を過ぎると二車線道路は終了し、小松加賀県民遊歩道と名付けられた歩行者専用道に変わる。
83年8月

D E
91年8月
91年8月

丘陵地に向かうためゆるやかな上り勾配となり、やがて憩いの森と名付けられた公園内に入り、その通路(F参照)を兼ねる。

利用客の少なかった遊園地前は痕跡もなく、おおよその位置さえつかめない。公園を抜け国道8号線小松バイパスの下をくぐると、歩行者道路から自動車通行可能な舗装路へと変わる。ただ道幅にほとんど変化は見られない。
F
16年4月
G 小さなアップダウンとカーブを繰り返し、花坂(G参照)に到着する。駅は白山神社の北西角に位置した。

道路はここで左に折れ県道111号線に合流するが、尾小屋鉄道は真っ直ぐ進み、県道脇の山腹にそのルートを移す。路盤は放置され荒れているものの、廃止直後は作業道として利用されていた雰囲気も漂う。
91年8月

環境美化センター入り口付近から徐々に築堤(H参照)が姿を現わし、さらに道路に転換された後は、大野町交差点で県道の東側に出る。ここに西大野(I参照)が設けられていた。丁度、瀧波神社の前にあたる。

H I
91年8月
83年8月

駅の南からは県道の東脇を進み、一部の路盤が道路に取り込まれていると思われる。

バス停が目印となる大杉谷口を過ぎると、県道から左に別れ梯川を渡る。川には当時の橋梁(J参照)が残され、ガーダー上の枕木も放置されたまま朽ちるに任されている。
J
91年8月
K 対岸は既に雑木が生い茂り、線路跡をたどることが出来ない。藪地を抜けると農地の中で左急カーブを描いて、東に方向を変える。カーブ終了地点に位置した金野町[かねのまち](K参照)には、ホーム跡が顔をのぞかせている。

跡地は未舗装路としてつながっていくが、獣害対策の柵に邪魔されて通り抜けは不可能となっている。
16年4月
東に向かっていた路線が右に曲がり、山沿いから離れると、列車交換設備を持った金平(L参照)に着く。
映画のワンシーンに使われた面影は既に消え去り、まさに寂しい限り。なお道路は舗装路に変わるが、東隣の空き地部分が実際の線路跡に相当する。
L
83年8月
M 道なりに進むと再び未舗装の一本道となるが、やがて藪地に行く手を阻まれる。その中に流れる光谷川には石積みの橋台橋脚(M参照)が現存し、細い導水管も渡されている。

川を越えるとしばらくは砂利道が続き、沢町の集落に近づくと舗装路に変わる。
16年4月
(N参照)は道路脇に小さなホーム跡が残されている。廃止後しばらくは鉄道路線の描かれた町内案内図(O参照)も掲げられていたが、現在は新しいものに切り替えられている。

集落を抜けると再び未舗装路に変わり、農道として地元で利用されているようだ。途中に設置されていた塩原は、取り付け道路も既に無く、正確な場所の特定は難しい。
N
83年8月
O そのまま南東に向かうと国道416号線に接近し、合流する。

国道は鉄道跡を利用して造られたものの、南に向きを変える大カーブ付近では両者の半径が異なり、道路側がややゆるやかな曲率に変更されている。
83年8月
尾小屋鉄道の路盤はしばらく道路と重なるが、次の波佐羅で未舗装路として国道から東に分離する。と同時に、またしても獣害避けの柵で道をふさがれ、迂回して何とかルート上をたどることが可能な状況となっている。

郷谷川沿いに走る路線が再び左に90度曲がると、観音寺下[かながそ](P参照)に到着する。ホーム跡を確認することは出来るが、本来の姿からは徐々に崩れつつある。
P
83年8月
Q 道路上を南下し、左に小さく曲がると短い観音下トンネル(Q参照)が現われる。内部は素堀のままで多少の漏水があるものの、崩落等の危険性は少なそうだ。
ただし、ここも獣害対策の柵で封鎖され、気軽に入り込めないのがやや難点。
16年4月
その先で小川に突き当たって道路は終了する。川の両岸には雑草に隠された橋台(R参照)を認めることが出来る。

川を越えると路盤は放置され、山肌の雑木林に取り込まれるため、その確認が困難となる。
R
02年12月
S 次に跡地の確認を取れるのは倉谷口の手前からとなる。以前は完全な藪地となっていたが、今は人の手が入り、駅の北に残された橋台跡(S参照)も姿を見せている。

ただ駅の南は再び放置状態で、足を踏み入れることはできず、郷谷川対岸の国道416号線から眺めるしか手だてはない。当然、この区間に掘削されていた倉谷口トンネルにはたどり着けず、その状態も不明のままだ。
16年4月
国道側に迂回して南進し、長原集落手前の道路橋で右岸に渡ると、ちょっとした広場を見つける。この横に当時の路盤が確認でき、そのまま郷谷川へ向かっている。川に取り残された橋脚(T参照)は、今も左岸側から遠望することができる。

長原は駅への進入路が細いコンクリート道として現存するが、駅跡には雑草が生い茂り、痕跡は見つけられなかった。
T
91年8月
U 駅を出るとすぐに国道と合流し、連続した勾配を登り、やがて終点の尾小屋(U参照)に滑り込む。

廃止後は長期に亘り駅舎や車両が展示保存されていたが、現在はその一部が放置された状態で残るのみで、駅跡の雰囲気は完全に消滅してしまった。
なお小松バスも運行されているが、そのバス停は別の場所に設けられている。
83年8月

 −保存車両

小松市立ポッポ汽車展示館 V
16年4月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  小松 [S35資修]  鶴来 [S50修正]  白峰 [S50修正]
1/25000  小松 [S50修正]  別宮 [S45修正]  尾小屋 [S48修正]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2016-6/14最終変更   無断転載禁止 Copyright (C) 2009 pyoco3 All Rights Reserved.