蒲原鉄道を訪ねて


廃止鉄道ノート北陸・甲信越  減速進行

 地区:新潟県五泉市 区間:五泉〜加茂 軌間:1067mm 動力:電気

平成の大合併により、今は五泉市となった村松町が中心となって設立された蒲原鉄道。建設も村松を境として二度に別けられているが、廃止もやはり五泉〜村松間、村松〜加茂間で二度に分けて実施されている。
全線の中でも五泉〜村松間は乗客の多い区間で、ミニ路線と呼ばれながらも最後まで地域の貴重な足として頑張っていた。


 略史

大正 12 (1923) - 10/ 20 蒲原鉄道 開業
昭和 5 (1930) - 10/ 20    全通
60 (1985) - 3/ 31     村松〜加茂間 当日を以て廃止
平成 11 (1999) - 10/ 3     全線 当日を以て廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと蒲原鉄道を表示します


 廃線跡現況

A JR磐越線に隣接し、共同駅の形態を取っていた始発駅の五泉(A参照)

駅舎は別だが蒲原鉄道のホームに出るにはJRの跨線橋を通る必要があった。共同駅の跨線橋は私鉄ホームにまでつながるのが常だが、ここはでは一旦JRホームに降りた後、構内の踏切を渡る必要があった。
00年8月
駅跡のホーム、レール等はすべて撤去されているが(B参照)、鉄道が走っていたことは今でも一目瞭然で判別出来る。

東に向いて出発した列車は右急カーブで南に向きを変えていた。
B
00年8月
C しばらく進むと県道7号線に接近し、その道路脇に今泉(C参照)が設けられていた。道床には未だバラストが顔をのぞかせ、鉄道のにおいが色濃く残る。

路盤跡を横目に見ながら県道上を南に進むと、田圃の中に保存車両(V参照)を発見する。道路に直角に、そして遠くからでも確認出来る見通しのよい場所にあり、道行く人へのアピール度は絶大だ。
00年8月
そのまま更に南下すると次駅の村松(D参照)に到着する。本社事務所、車庫も備えた当鉄道の中心駅で、廃止時には終着駅となっていた。

駅舎は路線バスの待合室となり、事務所は観光バス運行を主業務に切替えている。
D
00年8月
E レールの取除かれた構内(E参照)は閑散とし、路線バス等も留置されるもののその広い敷地を持て余し気味だ。写真奥が車庫跡で、手前部分はホーム跡。

村松を出ると急角度で西に向きを変え、県道7号線を越える。ここからは先は廃止年度の早い一次廃線区間に入り、レールが消えてから既に30数余年が経過した。
00年8月
鉄道跡は数百メートル先で二車線の舗装路に再利用され始める。南西に向きを変え、更にほぼ南へと再度カーブし国道290号線と交差する。

この交差点北に位置したのが西村松(F参照)。道路転換時に整備されたのだろうが、駅跡の面影はどこにも見つからない。資料がなければ、うっかり見過しそうな場所だ。
F
93年7月
G 1993年の訪問時には交差する市道に接してホームが残っていた寺田(G参照)だが、その後鉄道路盤も舗装道路に変わり、写真の風景は既になくなっている。
93年7月
道路となった蒲原鉄道跡を南へと進むと大蒲原(H参照)に到着する。

廃止後しばらくは狭い農道として利用されていたが、現在は寺田付近同様自動車通行に最適な二車線道路に変っている。
従って、残念ながら写真に写るホーム跡を見つけることも、今では不可能となってしまった。
H
93年7月
I ここで南東方向へと向きを変えるが、その先は道路への転換はなされず、路盤はほぼ手つかずのまま、一部が農道として使用されているに過ぎない。
国道290号線が平行するためか、はたまた自動車通行量が少なく要求度が低いのかは不明だが、今後も人の手が加わらないように願うばかりだ。

国道と交差し下をくぐり抜けると、その西方に草に覆われた高松(I参照)のホーム跡を見つけることが出来る。
93年7月

その後は牧川に沿って走り数度同河川を渡るが、その中に小さな橋梁跡(J参照)も残されている。また山あいに向かう路線は築堤で徐々に高度を上げるが、その築堤も当時のままの姿を見せている。
平行する国道と再び交差し北から南へとその位置を変えるが、その手前に土倉(K参照)が設けられていた。

J K
15年9月 93年7月

駅の南に位置する交差点には、旧国道を越えていた跨道橋の橋台(L参照)が残る。さらに右カーブで西に向きを変えると、トンネル(M参照)を抜け数百メートルで冬鳥越に達する。この駅は沿線住民の利便を考えて設置されたものではなく、自らが開設したスキー場への乗客誘致が主目的と考えられる。そのため、スキー場に隣接してホームが設けられていた。
現在は当時の車両が程度良く展示保存され、説明書きには加茂市の指定文化財との文字も見える。

L M
93年7月
15年9月
更に山あいを縫うように大きなS字カーブで抜けると、七谷(N参照)に着く。

傍を流れる川が牧川から加茂川へと変わり、その水がまったくの逆方向に流れ出すのは、路線の中で一番の高所に位置することを示す良い証拠となる。
ただ両河川とも、信濃川へと流れ込む同一水系であることに変わりはない。
N
93年7月
O 平行する道路は国道から県道9号線にバトンタッチし、山に囲まれた狭路に鉄道跡、道路、河川が仲良く肩を並べて下っていく。

この途中で小さな橋梁跡(O参照)を見いだすことも出来る。
93年7月
猿毛山をを左手に眺めつつ、その裾野に沿って半周すると狭口(P参照)に到着する。廃止後の一時期は資材置場として利用され、プレハブ小屋も設置されていた。

一風変ったこの地名、やはり地形からもたらされたものだろう。
P
93年7月
Q 加茂川に沿って更に北西に進み、あたりの視界が更に開けだすと駒岡(Q参照)

ほぼ放置状態だった蒲原鉄道跡は駅の東寄りから再び二車線道路として転用され始め、今では駅跡などの遺構も消されている。
93年7月
加茂市街地の東端に位置する東加茂(R参照)。廃止後しばらくは風格ある駅舎が残されていたが、やはり道路転用で姿を消している。

この先は市街地の北端に沿うよう路線が延び、信越本線を越す必要があっためか築堤で高度を上げていた。
加茂農林高校の裏手を抜けるルートは途中にトンネルも掘削されていたが、現在も当時のままで放置され足を踏み入れることは難しい。
R
93年7月
S 加茂市街地の北端に位置する陣ヶ峰はかなり高い位置にあったため、鉄道を利用するには築堤脇に設けられた階段を上る必要があった。ここは短い駅前道路もいまだに健在だ。

駅の東には道路を跨ぐガーダー橋(S参照)が設置されていたが、橋桁はすでに取外されてしまった。
93年7月
駅のすぐ西側にも信越本線と道路をまとめて越える跨線橋(T参照)が架設されていたが、上路、下路を組み合わせたガーター桁も同様に外されている。 T  
93年7月
U 跨線橋の西方は南への急カーブとなってその高さを徐々に下げ、JR線に接近すると加茂川支流の大皆川を渡る(U参照)
橋梁跡は今も枕木を乗せたまま当時の姿で残されている。ただガーダー桁には上条川と書かれ、正確な河川名は把握できなかった。
16年9月
続いて加茂川を信越線と共同の橋梁で越え、終点加茂(V参照)へと進入する。五泉同様JRとの共同駅だった。
終点と記したが実際はこちらが起点で、一次廃線後は本来の起点が消えてしまう珍しい状態が続いていた。

構内の西に広がる蒲原鉄道の駅跡はレールこそ取外されているものの、敷地は特に再利用されることもなく放置されたままとなっている。
V
01年1月

保存

V W
00年8月 94年4月
  1. 今泉付近(V参照)
  2. 安田民俗資料館(W参照)
  3. 冬鳥越

 参考資料


 参考地形図

1/50000  新津 [S37修正]    加茂  
1/25000  村松 [S48修正]  加茂 [S48修正]  越後白山 [S48修正]

 
 お断り     連絡先     ページtop
2016-10/8更新  無断転載禁止 Copyright (C)2008 pyoco3 All Rights Reserved.