大沼電鉄を訪ねて

廃止鉄道ノート北海道  減速進行

 地区:北海道亀田郡七飯町 区間: 大沼公園〜鹿部(前期)/17.2km
新銚子口〜鹿部(後期)/11.3km
軌間:1067mm単線 動力:電気

太平洋岸の鹿部と函館本線を結ぶ目的で開業した鉄道。大沼公園や各温泉への観光客あるいは海産物の輸送に活躍したが、函館本線の複線化によって路線が重複したため第二次世界大戦中に廃止された。戦争終了後に地元で鉄道復活の気運が高まり、省線との接続駅を銚子口に変え再び鹿部までの列車が走り始めた。しかし時代は既にバスの世界に動き始め、ほんの数年で営業を終了してしまった。


 略史
昭和 4 (1929) - 1/ 5 大沼電鉄(前期) 開業
20 (1945) - 5/ 31    廃止
23 (1948) - 1/ 16 大沼電鉄(後期) 再開業
27 (1952) - 12/ 25    廃止

 路線図

 廃線跡現況
A 始発駅の大沼公園(A参照)は省線駅前広場の東に乗り場が設けられ、西端はカーブを描いて函館本線に接続していた。なお当初の駅名は大沼と称していた。

北東に向かう路線は駅前の道路上をしばらく走ったのち、軍川の手前から専用軌道上に移る。跡地は二車線の県道338号線(B参照)に転換され、見るべきものは何も残れていない。
16年9月
旧版地形図で確認すると一部に道路をはずれる箇所も存在するが、既に自然に還り正確なルートの把握は難しい。

現在の県道上に設けられていた大八湾池田園も痕跡はなく、位置の特定はできなかった。
B
16年9月
C やはり駅跡の不明な銚子口を過ぎると県道から離れ、やや右に曲がって現在の函館本線を横切る。跡地は林に吸い込まれるが、周囲より背の低い雑木がそのルートを教えてくれる。

藪を抜けたのちは細い生活道に利用され始める。再開業後の新線はこの付近から分岐し、大きく右にカーブを描いて国鉄との接続駅、新銚子口(C参照)に向かう。
16年9月
新線側の路盤はほぼ消滅しているものの、カーブ途中の折戸川には石積橋台(D参照)が残され、ここで初めて鉄道の通っていた確証を得られる。

初期のコンクリート造りに対し時代に逆行する石積構造を採用したのは、第二次世界大戦後の資材不足が影響したのかもしれない。
D
16年9月
E 再び分岐部に戻って跡地の生活道を東に進むと、やがて道路はポンプ小屋に突き当たって右に折れる。

小屋の先で再び折戸川を渡り返すが、ここにも橋梁跡(E参照)を見つけることができる。ただ橋台は雑草に覆われて視認できず、橋脚だけをなんとかのぞき込むことが可能となっている。
16年9月
折戸川を越え、その右岸に沿って北上する廃線跡は荒れ放題で、ルート上を直接たどることは難しい。

やむなくJR銚子口駅前から続く未舗装路に迂回して進むと、左に鋭角に曲がる地点で大沼電鉄の路盤跡が姿を現わし、道路右横に隣接する。カーブを描く当時の築堤(F参照)がそのまま残されている。
F
16年9月
G 築堤は折戸川の支流にあたる留ノ沢川に突き当たって終了するが、川の右岸には放置された橋台(G参照)を確認することも出来る。
川を渡ると一車線の舗装路に合流する。合流といってもその南脇を走っていたはずだが、一部が道路拡幅に利用された可能性も否定しきれない。

道路上を進むと左手に温泉旅館があらわれる。三階建の建物だが既に閉鎖され人影はない。その先には東大沼温泉で唯一の営業施設となってしまった、こじんまりとした温泉宿がある。道路脇に掲示された案内板によると、ここが最古の歴史を誇るとの説明が記されている。
大沼温泉はこの旅館前にあった可能性が高いと考える。
16年9月
温泉を過ぎ更に北東に向かうと、道路は通行止(H参照)になってしまう。この先は廃線跡が一旦舗装路に転換されたものの、途中に崩落箇所が発生しそのまま放置されてしまったようだ。

同区間に駒見も置かれていた。ただ近くに集落も無いため設置目的は不明で、折戸川沿いに建設した発電所のための駅であった可能性もある。その発電所は対岸の農場内に今も一部施設が残されている。
なお開業時の駅名は新小川と称していた。
H
16年9月
I 折戸川右岸に迂回しルートを先回りすると、藪地から抜け出す未舗装路(I参照)として路盤が顔を出す。


道路をしばらく東進すると、やがて二車線の舗装路に変わる。さらに左手に見える鹿部飛行場を過ぎて市街地に近づくと、大沼電鉄線は道路からはずれ、冷凍倉庫の中を右カーブで通り抜ける。
16年9月
南東に向きを変えた路線はしばらく国道278号線の西奥を走ったのち、ホーム跡の残る新本別(J参照)に到着する。既に一部は撤去されているが、その工事が原因なのか、やや傾きが見られることは気がかりな点だ。

以前は東側に店舗があり、ここが駅前商店であったらしい。
J
16年9月
K 市街地では路盤の痕跡も消え、ルートを直接トレースすることは難しい。

鹿部稲荷神社の鳥居付近で国道に並び、そのまま鹿部川を渡る。道路橋に並んだ送水管下の橋台(k参照)が、鉄道の遺構であることを地元で教えてもらった。やや丸みを帯びた独特の形状を持っている。
16年9月
川を越えるとすぐ終点の鹿部(L参照)に到着する。大きな構内は函館バスの車庫と商工会の建物等に利用されている。この駅は鹿部温泉と称した時期もあった。

鉄道開業当初は至近距離を平行する現国道は未開通で、海岸沿いを走る旧道から延びる道が駅前道路に相当した。
L
16年9月

 参考資料
 参考地形図
1/50000  鹿部 [S20部修]  駒ヶ岳 [S20部修]  大沼公園 [S20部修]
1/25000  鹿部 [該当無]  駒ヶ岳 [該当無]  大沼公園 [該当無]

 
 お断り     連絡先     ページtop
制作公開日2016-10/17  無断転載禁止 Copyright (C) 2016 pyoco3 All Rights Reserved.