両備バス西大寺鉄道線を訪ねて


廃止鉄道ノート中国  減速進行

 地区:岡山県岡山市 区間:西大寺市〜後楽園 軌間:914mm 動力:蒸気→内燃

山陽鉄道から取残された西大寺を岡山と結ぶ目的で計画された西大寺軌道。
西大寺側は市街他を抜け南の九蟠港まで延す計画もあったが、これは叶わず、また岡山市内では岡山電気軌道の門田屋敷付近へ乗入れる予定だったが、最終的には市街地からやや離れた後楽園を終点として選択している。
山陽本線との接続が第一目的だったことから財田以西はあまり力が入らず、また多額の資金が必要な旭川への架橋を伴う岡山市街地乗入れは当初からまったく構想に無かったようだ。


 略史

明治 43 (1910) - 7/ 31 西大寺軌道 設立
44 (1911) - 12/ 29    〃 開業
45 (1912) - 1/ 28    〃 財田〜森下間 延伸
大正 3 (1914) - 西大寺鉄道に改称
4 (1918) - 9/ 15    〃 全通
昭和 30 (1955) - 10/ 1 両備バスと合併
37 (1962) - 9/ 8    〃 西大寺鉄道線 廃止

 路線図

* 地図上にマウスポインターを置くと両備バス鉄道線を表示します


 廃線跡現況

A 起点の西大寺市(A参照)はバスターミナルとなる。
車庫を併設していた駅跡は大きな敷地を持ち、バスの転換、待機に十分な能力を発揮している。

当地で行われる西大寺観音院会陽の際には持てる車両を総動員し、そのあふれかえる乗客を捌いていた。今その面影はない。


軌道はここから北西方向に延び、岡山を目指していたが、バスターミナルを出るとすぐ遊歩道として利用され始める。
01年1月

しばらく行くと国道2号バイパスにぶつかり、きれいな歩道橋でこれをくぐり抜ける。
もちろん西大寺鉄道運行時には交差することもなかった道路だ。


この西、砂川に架かる砂川橋は既に架け替えが済んでいるが、川底に鉄道時代の橋脚跡(B参照)が顔を覗かせている。
B
01年1月

C さらに進むと広谷(C参照)
保育園の真ん前で、平行する取付け道路もあり場所の特定は容易。


訪れたのが正月だったせいか、転用された遊歩道に人影はほとんど無い。平日なら園児たちでにぎわっているのかも知れない。
01年1月

廃線跡をトレースする遊歩道はまだまだ北西へと続き、JR赤穂線に接近する。
その後やや距離が離れ、JRの大多羅駅前の集落で一旦終了する。

集落の西で民家に取込まれた橋台(D参照)を発見。この用水路は東西に延びるが、その北岸に線路が敷設されていた。

ここは大小の用水路が縦横に張巡らされ、廃線跡を探索するものにとっては、楽しみな地区となる。
D
01年1月

E 用水路を離れた線路は右に大きくカーブを描き、地方道と交差したのち設備業者の裏手を抜け、旭東中学校を通り大多羅(E参照)に達していた。


駅跡には増築された駅舎が今もその姿をとどめるが、往時の面影はなく、どこから見ても駅設備であったことは想像できない。
01年1月

ここからから長利(F参照)までの間は、県道に沿いながらその東側を走っていたが、庄内川橋梁を含め当時の痕跡を見つけることは出来なかった。
駅付近は道路拡張に利用され、線路跡は歩道に利用されているようだ。県道は二車線の立派なつくりだが、今ではその東にバイパスが建設され車の通行量は少ない。

西大寺鉄道は数百メートル道路と平行した後これを右に別れ、ほぼ真北に向い今は国道205号となった旧国道2号線を横切る。
付近は大型の商業施設に取り込まれている。
F
01年1月

G その先は細かく分断され、宅地や駐車場等となり、旧山陽道との交差付近も判然としない。

用水路に沿って左に急カーブを描き、自転車預かり所の2階建て建物を抜けると財田(G参照)

カーブ跡は未舗装の駐車場、駅跡はJRの東岡山駅前広場と化している。
01年1月

駅の西には工業団地、さらに宅地が形成されているが、鉄道路盤はこのど真ん中を抜けていた。

工業団地はきれいな直線の区画で整備された反面、宅地は各自勝手に造成されたのか路地は狭く曲りくねったままで、一度踏込むとまさに迷路のようだ。

途中から生活道路に転用され始め、次駅の大師(H参照)もこの道路上に当時の駅跡を示す膨らみを持つ。
H
01年1月

I 転用された生活道を探せば、小さな橋梁跡(I参照)を見つけることが出来る。


軽便とは云えども全国的にも珍しい914mm軌間の構造物はかなり大きく丈夫で、そのままJR線と同じ1067mm軌間への転換も可能なのではないかとさえ思える。
01年1月

さらに鉄道跡は生活道、宅地とめまぐるしく入れ替り、藤原(J参照)はタクシーの車庫に利用されている。


河川の歴史は地域の発展と密接に結びつくことが多いが、岡山市内を流れる旭川の洪水対策として利用された百間川も、興味ある歴史を秘めている。詳細は他に譲るとして、西大寺鉄道は平時に流水のない河川敷を横断していた。
残念ながら平成に入って新たな改修工事が実施されたため、当時の様子を偲ぶものは全て消えてしまった。
J
01年1月

K 川を越えた後も路盤の跡地利用は多彩で、連続した境界線が無く、徒歩でもたどることが不可能な個所が多い。
道路転用を思わせる場所もあるが、確証は得られない。

従って原尾島も場所の特定は難しい。

ただ駅の南に建設された数件のマンション脇を流れる小川に、当時の橋台跡(K参照)が姿を見せている。
01年1月

しばらく旧山陽道と併走し、やがて駅跡が両備バスの車庫となる森下へ到着。
ここから右急カーブで再度北西へと方向を変える。

カーブ個所を含め大きな拡幅もなく、生活道路(L参照)として転用され地元で便利に利用されている。


地図を見ると一目瞭然だが、ここから南に向い東山通に達すると岡山電気軌道と接続できる。
当初の計画もまさにその様に考えられていたが、岡山電気軌道の開通前に、無駄とも思われるV字形ルートで街外れの後楽園に終点を変更している。
L
01年1月

M 北西に向っていた転用道路がほぼ真北に向きを変えた地点で廃線跡は西へと別れ、再び細切れ状態となり民家やホテルの敷地内に取込まれてしまう。
しかし当時の境界線は比較的良く残り、ルートの判別は容易だ。


終点後楽園(M参照)は夢二郷土美術館として生れ変わり、鉄道のにおいはすっかり消えてしまった。
ここを訪れる観光客には、その昔鉄道の出発点であったことは想像すら出来ないことだろう。
01年1月

 保存

西大寺市駅跡の保存車両(N参照) N
01年1月

 参考資料


 参考地形図

1/50000  岡山北部 [S34部修]    西大寺 [S24応修]    岡山南部 [S34部修]
1/25000  岡山北部 [S34資修]  岡山南部 [S34資修]  西大寺 [S29資修]

 参考web


 
 お断り     連絡先     ページtop
最終更新日2014-10/14  無断転載禁止 Copyright (C) 2002 pyoco3 All Rights Reserved.